第53回 Excel応用 表の小計と合計を自動で計算する方法

Excel エクセル 集計 小計 総計

今回は、EXCEL応用講座の第53回目です。

53回目の今回は、表の小計と合計を自動で計算する方法をご紹介します。

Excelの表で、それぞれの項目ごとの小計と全体の合計(総計)を出したい

といった場合

 

もちろん自分で行を追加して、SUM関数を使って計算してもいいんですが

Excelでは「集計」という機能があって

この機能を使うことによって、自動で項目ごとの小計と全体の総計を

計算することができます。

 

かなり便利な機能なので、しっかりと覚えるようにしましょう。

 

今回も動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel エクセル クリップボード

    第40回 Excel応用 クリップボードの使い方

  2. Excel エクセル 棒グラフ 要素 間隔

    第46回 Excel応用 棒グラフの要素の間隔を変更する方法

  3. Excel エクセル 表 統合

    第39回 Excel応用 別のシートの表を一つに統合する方法

  4. Excel 日付 自動入力

    第2回 Excel応用 今日の日付を自動で入力する方法

  5. Excel エクセル CONCAT関数

    Excel応用 #14 別々のセルのデータを一つにまとめて表示する方法 CONCAT関数

  6. Excel エクセル 条件付き書式 曜日 色分け

    第25回 Excel応用 曜日のセルを色分けする方法 条件付き書式

  7. Excel エクセル 複数シート まとめて印刷

    第57回 Excel応用 複数のシートをまとめて印刷する方法

  8. Excel エクセル 複合グラフ

    第49回 Excel応用 複合グラフを作成する方法

  9. Excel エクセル RANK関数

    第19回 Excel応用 数値の順位を出す方法 RANK関数

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
  3. Windows10 日本語入力方式 固定
PAGE TOP