2019年 使ってはいけない最悪のパスワードはこれだ!

パスワード 危険

 

今回は、2018年に数多く使われた、危険なパスワードをご紹介します。

2018年もFacebookやグーグルプラスなどで、世界規模の個人データの流出が

ありましたが、こういったデータの流出は今後もきっと起こります。

 

こういったデータの流出に対して、個人で対処することは難しい面もありますが

ただ、これだけデータの流出がある中、いまだに「123456789」だったり

「qwerty」といった、簡単に解読されてしまうようなパスワードを使っている人が

多いことも事実です。

 

そこで今回は、2018年に世界で多く使われているパスワードをランキングで掲載している

サイトをご紹介します。

⇒ https://www.teamsid.com/100-worst-passwords-top-50/

※Chrome等で開くと勝手に翻訳されるので、原文で表示するうにしてください

 

ちょっと心当たりがある方は、ぜひサイトをチェックしてみて

自分が現在使っているパスワードがランキング内にあるようでしたら

今すぐ変更するようにしましょう。

 

また、パスワードを新しく作る場合、以下のようなパスワードを自動生成していくれる

サービスなんかを使うと便利です。

 

■Password Generator

⇒ http://www.graviness.com/temp/pw_creator/

 

ただし、こういったサービスを使ってパスワードを作ると

完全に無作為な英数字の羅列になるので、自分が忘れないように注意しましょう。

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

サイトのURLはこちら↓

⇒ https://www.teamsid.com/100-worst-passwords-top-50/

※Chrome等で開くと勝手に翻訳されるので、原文で表示するうにしてください

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Facebook Watch フェイスブック 動画

    Facebook 新サービス Facebook Watchが日本でもサービススタート

  2. Excel新機能 本格的な翻訳機能が追加!(Office Insider登録者向け)

  3. Google 広告設定 カスタマイズ

    Google新機能 広告のカスタマイズが可能に!

  4. YouTube タイトル ハッシュタグ

    YouTubeの動画タイトルにハッシュタグを入れる方法

  5. ネット検索するだけで楽天スーパーポイントを貯める裏ワザ!

  6. Google サイト インデックス

    サイトがGoogleにインデックスされているかを確認する方法

  7. Googleでネット回線の速度を測る裏ワザ

  8. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール

    Internet Explorerに重大な脆弱性が存在

  9. Chrome 69 アドレスバー

    Chrome新機能 アドレスバーの新機能を紹介!

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Windows10 Wi-Fi パスワード 表示 調べる
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. DVD 作成 DVDMemory
  2. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  3. Google Chrome サイト 保存
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  6. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー
  7. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP