WindowsDefenderにブロックされてアプリがインストールできない場合の対処方法

 

今回は、WindowsDefenderにブロックされてアプリがインストールできない場合の

対処方法をご紹介します。

 

Windowsパソコンに標準搭載されている、WindowsDefenderですが

Windows10の大型アップデート毎に、機能が強化されてきています。

 

もちろんこういった機能強化は悪いことではないのですが

Microsoftが、ストアプリに力を入れ始めていることから、従来のネットからダウンロードできる

フリーソフトをインストールすると、WindowsDefenderの機能ではじかれる事があります。

 

そんな場合は、設定を変えることによってインストールが可能になります。

 

この手のフリーソフトの導入は、100%自己責任で行う形になりますが

古くから使われている安全なフリーソフトも多いので

もし、そういったソフトがインストールできない場合は、WindowsDefenderの設定を変更して

インストールするようにしましょう。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 ファイルの種類ごとに起動するアプリを設定する方法

  2. Windows10 固定キー ショートカットキー

    Windows10 固定キー機能をオンにする方法

  3. Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

  4. Windows10 Insider Programに参加する方法

  5. Windows10 April 2018 Update適用後に以前のバージョンに戻す方法

  6. Windows10 ファイル表示を素早く切り替える方法

  7. Windows10 写真のサムネイル表示をオフにする方法

  8. Microsoft Edge パスワード 削除

    Windows10 Microsoft Edge 保存されたパスワードを削除する方法

  9. Windows10 変換・無変換キーで入力モードを切り替える方法

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Windows10 Wi-Fi パスワード 表示 調べる
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. DVD 作成 DVDMemory
  2. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  3. Google Chrome サイト 保存
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  6. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー
  7. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP