WindowsDefenderにブロックされてアプリがインストールできない場合の対処方法

 

今回は、WindowsDefenderにブロックされてアプリがインストールできない場合の

対処方法をご紹介します。

 

Windowsパソコンに標準搭載されている、WindowsDefenderですが

Windows10の大型アップデート毎に、機能が強化されてきています。

 

もちろんこういった機能強化は悪いことではないのですが

Microsoftが、ストアプリに力を入れ始めていることから、従来のネットからダウンロードできる

フリーソフトをインストールすると、WindowsDefenderの機能ではじかれる事があります。

 

そんな場合は、設定を変えることによってインストールが可能になります。

 

この手のフリーソフトの導入は、100%自己責任で行う形になりますが

古くから使われている安全なフリーソフトも多いので

もし、そういったソフトがインストールできない場合は、WindowsDefenderの設定を変更して

インストールするようにしましょう。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 不要な変換候補を削除する方法

  2. Windows10の個人情報収集を遮断する無料ツール DisableWinTracking

  3. Chrome 新しいタブ サイト 表示

    Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法

  4. Windows10 ファイルの種類ごとに起動するアプリを設定する方法

  5. Windows10 April 2018 Update 新機能 集中モードの使い方

  6. Windows10 Microsoftアカウントの同期を停止する方法

  7. USBメモリ データ 非表示

    Windows10 USBメモリの読み書きを高速化する方法

  8. Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法 ※Windows10 Pro…

  9. Windows10 エクスプローラの表示の列幅を一発で調整する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. Windows10 October 2018 Update 提供中止
  2. iPhone 着信音 AnyTrans
PAGE TOP