iPhoneを急速充電する4つの方法

 

今回は、iPhoneを急速充電する4つの方法をご紹介。

 

 

iPhoneの充電が少なくなってきたけど、あまり充電する時間がなくてちょっと困った..。

といった場合、ちょっとした工夫で充電時間を短縮することができます。

 

まずひとつ目は

「壁のコンセントから充電する」

ことです。

 

iPhoneを充電する時、延長の電源タップや、パソコンから充電しているって人がいると思いますが

これだと、どうしても充電が遅くなりますので、急速充電したい時は壁のコンセントから直接

充電するようにしましょう。

 

 

2つ目は

「iPadの充電器、充電ケーブルを使う」

です。

 

もし、iPadをを利用しているなら、充電する時にiPadの充電器と充電ケーブルを使いましょう。

iPadの充電器は、iPhoneのそれよりも容量が大きいので、そのぶん早く充電することができます。

 

 

3つ目は

「サードパーティー製の短いケーブルを使う」

です。

 

iPhoneに標準でついてくる、純正のケーブルは

大体、1メートルぐらいあると思いますが、実はこのケーブルの長さも充電時間に大きく影響します。

 

なので、少しでも充電時間を短くしたい時は、サードパーティー製のケーブルで

純正のケーブルよりも短いケーブルが売られていますので、そういったケーブルを利用しましょう。

 

 

最後の、4つ目ですが

「機内モードにして充電する」

です。

 

機内モードというのは、使用していない時の、iPhone側の余計な消費電力も抑えることができますので

そのぶん、充電が早くなります。

※機内モードにする方法は、以下の動画を参照してください。

 

 

以上、4つの充電を早くする方法をご紹介しましたが

4つすべて行うことは無理にしても、どれか1つを実行するだけでも、通常の充電より早くすることが

できますので、時間がなくてとにかく少しでも早く充電したい、といった時は、試してみてくださいな!

 

 

動画でも解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. iPhone iOS12 計測 アプリ

    iOS12新機能 計測アプリの使い方

  2. iPhoneⅩ 顔認証の反応速度を上げる方法

  3. iPhone ワンタッチでスクリーンショットを撮る方法

  4. アイフォン iPhone QRコード

    iPhone カメラを使わずにQRコードを読み取る方法

  5. iPhone 通信料節約に効く便利技!

  6. iPhoneが再起動を繰り返す場合の対処方法

  7. iPhone iPad YouTube シークレットモード

    iPhone iPad YouTubeをシークレットモードで視聴する方法

  8. iOS13 新機能 Safari スクリーンショット iPhone

    iOS13新機能 Safariでウェブページ全体のスクリーンショットを撮る方法

  9. スマホのデータを管理できるツール AnyTrans

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  2. 転職 IT Web業界 エンジニア
  3. Windows10 コピー 貼り付け 履歴 クリップボード
  4. PayPay ペイペイ 登録方法
  5. Google Chrome サイト 保存

人気記事

  1. ConfortablePC パソコン高速化 自動 ソフト
  2. Windows10 半角 全角 CapsLock 切り替え
  3. Word ワード Excel 表 貼り付け
  4. Excel エクセル Webから 表 取り込み
  5. filmora フィモーラ カット 動画
  6. ネット回線速度 計測 テレワーク
  7. Excel エクセル IF関数 DAY関数
  8. Windows10 チェックボックス ファイル 選択
  9. Word ワード 全角英数字 半角英数字
  10. filmora フィモーラ 音楽 取り込み
PAGE TOP