4Kとは? 4Kテレビってきれいなの? 今更聞けないデジタル用語

 

さて今回は「今更聞けないデジタル用語」として、

「4K(よんケイ)」について、話しをしていきたいと思います。

 

最近、家電量販店の店頭や、カタログ、テレビCMなどで「4K」という言葉をよく目に、耳にすると思います。

 

また「4K」も飛び越えて、「8K」なんて話も出てきている昨今。

いったいこの「4K」とか「8K」って何なのか? イマイチよくわからん。。。

 

といった方のために、テレビなどの買い替えを含めて、そのメリットなどをお伝えしていきます。

 

 

「4K」って、そもそも何なの?

 

さてさて、まずは「4K」って一体何なの?ってことですが、テレビの場合、横×縦の画素数が「4000×2000」前後の規格を「4K」と呼んでいます。横の画素数が4000前後だから「4K」というわけですね。

 

2018年現在のデジタル放送は、「フルHD」で放送されています。「フルHD」の画素数は「1920×1080」で、「2K」などと呼ばれていますが、従来型のテレビの場合、画面が小さければそれほど気にならないかもしれませんが、大型のテレビになればなるほど、画素の粗さが目立つようになります。

 

そこで、現在の「フルHD」の放送を、大画面、高画質で楽しみたい!といった方は「4K」対応のテレビのほうがおすすめです。

 

■当サイト、イチオシ!「4K」対応テレビ

 

 

 

「4K」対応テレビのメリットって何なの?

 

上にも書いたように、現在のデジタル放送は 「1920×1080」なんで、単純に考えれば、「4K」を買っても、元々の画質が低いんで意味ないんじゃないの?と思いますが、実はそうでもなかったりします。

 

たとえば、パソコンなんかで元の写真を拡大すると画像が粗くなると思います。同じように、テレビでも画素数の低い映像を、もっと高解像度の画面に表示しようとすると、画像が粗くなってしまいそうなんですが、現在の多くの「4K」対応テレビは、この問題はすでに解決してます。

 

メーカーによって、その技術の呼び名は色々ありますが、元々の「フルHD(2K)」の画質を「4K」に変換して、「2K」の解像度のテレビで見るよりも、はるかに高画質で見れるような仕組みになっています。

 

DVDやブルーレイを見る場合はどうなの?

 

テレビでDVDやブルーレイをよく見る、という方も多いと思いますが、これらを「4K」対応テレビで見た場合、その画質はどうなの?という点も気になるところかと。

 

まずはDVDですが、これは残念ながら、「4K」対応テレビで見る意味は、あまりなさそうです。

 

私のようなアラフィフ世代だと、元はVHSから始まっているんで、DVDは超高画質、といったイメージが抜けきれませんが^^;、DVDの解像度は「720×480」。さすがに、この解像度を現在の「4K」対応テレビで見ると、画質の粗さが目立ってしまいますので、以前のDVDを見たい時は、個人的にはパソコンを使って見るようにしていますね。

 

 

次にブルーレイ。

 

ブルーレイの解像度は「1920×1080」です。ということは、現在の「4K」対応テレビで見たほうが、その画質を最大限に発揮して見ることができます。なので、現在DVDからブルーレイに完全に乗り換えた、な〜んて方はテレビも「4K」対応にすることをオススメします!

 

■当サイト、イチオシ!BDレコーダー

 

 

 

実際「4K」対応テレビは買いなの?

 

さて最後に、実際「4K」対応テレビって買いなのか?ってことですが、これはどうしても個人的な意見にはなってしまいますが「買い」だと思います。

 

その理由としては、今から30年以上前は、VHSの画質でも充分だった。そこから「レーザーディスク」が登場して、その画質にびっくりし、次に「DVD」が出て、これはもう来るとこまで来たな^^;と感動し、次に「ブルーレイ」が登場し、となってきた時に、今更「VHS」に戻れますか?ということ。

 

人間の目で判別できる画素の限界ってあるようなんですが、少なくとも私は、「4K」未対応のテレビから、「4K」対応のテレビに買い替えた時に、「DVD」を始めて見たあの時と、同じような感動を味わいました!

 

なので、今後使い続けるといった意味でも、これからテレビを新しく買い換える時には「4K」対応テレビをオススメします。ただ、一口に「4K」対応テレビと言っても、その技術はメーカーによってもまちまちで、いろんな仕様のものがありますので、各メーカーの仕様をしっかりと見てから、購入すると良いですね。

 

ではでは、今回はこのへんで。

 

■当サイト、イチオシ!「4K」対応テレビ

おすすめ記事

  1. 転職 IT Web業界 エンジニア
  2. Windows10 コピー 貼り付け 履歴 クリップボード
  3. PayPay ペイペイ 登録方法
  4. Google Chrome サイト 保存
  5. Windows10 Wi-Fi パスワード 表示 調べる

スポンサードリンク

人気記事

  1. DVD 作成 DVDMemory
  2. Google Chrome サイト 保存
  3. Windows10 日本語入力方式 固定
  4. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  5. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  6. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー
  7. PayPay ペイペイ 登録方法
PAGE TOP