Windows10 October 2018 Updateの提供が再開!

Windows10 October 2018 Update

 

今回は、Windows10 October 2018 Updateの提供が再開されたので

そのアップデート方法を、ご紹介します。

2018年10月に、一度公開されたものの

パソコン内のデータが削除されてしまう可能性があるという

重大バグが見つかり、公開が停止されていた

 

「Windows10 October 2018 Update」が

ようやく、アップデートが再開されました。

 

基本は、そのままにしておけば

どこかのタイミングで、自動的にアップデートされますが

いち早く、新しい機能を使いたい、といった場合は

手動でアップデートすることができます。

 

重大バグから1ヶ月かけて、修正したプログラムなので

今回は、安心して使えるバージョンだと思いますので

早く使い方は、以下よりインストールプログラムをダウンロードできます。

⇒ https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

アップデートの方法などを、動画でも解説していますので

気になる方は、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 日本語入力システム 勝手に切り替わる ATOK Google 日本語入力

    Windows10 日本語入力システムが勝手に切り替わる場合の2つの対処方法

  2. Windows10 MicrosoftIME 最新用語 変換

    Windows10 最新用語を変換候補に表示させる方法

  3. Windows10 遅い 思い 高速化

    無料でできるWindows10を高速化する5つの設定

  4. Windows10でAndroidアプリが動く無料ツール BlueStacks

  5. Windows10 日本語入力システム 規定 MicrosoftIME

    Windows10 Microsoft IME以外の日本語入力システムを規定に設定する方法

  6. Windows10 MicrosoftEdge アドレスバー 検索 Google

    Microsoft Edge アドレスバーの検索をGoogleに切り替える方法

  7. Windows10 Windowsの設定 項目 検索

    Windows10で目的の設定項目がどこにあるかわからない… そんな時目的の項目を素早く…

  8. Windows10 WindowsDefenderオフラインスキャンを実行する方法

  9. Windows10 高速化 ツール

    Windows10 高速化の設定をまとめてできる無料ツール

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Windows11に更新できるかをチェックするMicrosoft公式ツールのプレビュー版が公開
  2. iPhone Siriからの提案 消す 怖い
  3. エクセルート Excel 旅行 日程表 作成
  4. Officeテンプレート Word Excel PowerPoint Microsoft
  5. Windows10 ニュースと関心事項 天気予報 タスクバー 非表示
  6. Windows11で必須要件となった「TPM2.0」って何? 自分のパソコンが対応しているか確認する方法
  7. ポップアップ広告 Chrom edge 非表示 設定
  8. Amazonrenewed 整備済み品 アマゾン Mac iPhone iPad
  9. Windows10 フォルダー タスクバー ピン留め
  10. いよいよリリース!Windows11が自分のPCで使えるか公式ツールでチェックしておこう
PAGE TOP