Windows10 October 2018 Update 自動アップデートを停止する方法

Windows10 アップデート 停止

 

今回は、Windows10 October2018Updateの、

自動アップデートを停止する方法をご紹介します。

2018年の10月に開始した、Windows10 October2018Updateですが

すでに、自分でアップデートされた人、自動でアップデートされた人

このエントリーを書いている時点では、まだ自動アップデートされてない人も

いるかと思います。

 

Windows10は半年に1回大型のアップデートがありますが

こういった大型のアップデート直後は、毎回何かしらのバグやトラブルがおこります。

 

ただ、大型のアップデートというのは、アップデート以前の不具合の解消であったり

新しい機能であったり、新たなウイルスへの対策であったり

長い目で見れば、ちゃんとアップデートはしていったほうが良いです。

 

ただし、直近で見ると、仕事で毎日使っているパソコンなんかで

アップデートによってトラブルが起こると困る、といったケースもあるでしょう。

 

そんな場合、Windows10の標準の機能でも、アップデートを

遅らせることができるんですが

標準の機能の場合、確実に遅らせることができるわけではなく

どうしても、必ずどこかで自動アップデートされてしまいます。

 

そこで、一定期間アップデートを停止したい場合は、ツールの出番となります。

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりご覧ください↓

ツールのダウンロードは、こちらから

⇒ http://www.asahi-net.or.jp/~tz2s-nsmr/WinUpdateSettings.html

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 固定キー ショートカットキー

    Windows10 固定キー機能をオンにする方法

  2. Windows10 フォト 写真 編集

    Windows10 フォトアプリで写真を編集する方法

  3. Windows10 ウィンドウズ10 テキストカーソルインジケーター Windowsの設定

    Windows10 テキストカーソルをもっと見やすくする方法

  4. MicrosoftEdge パスワード 保存 確認

    Microsoft Edgeに保存されているパスワードを確認する方法

  5. Windows10 エアロスナップ サムネイル 無効

    Windows10 エアロスナップのサムネイル表示をやめる方法

  6. Windows10 ウィンドウズ10 バッチファイル アプリ 起動

    Windows10 複数のアプリやファイルを一発で起動する裏ワザ!

  7. Windows10 システムフォント 変更

    Windows10のシステムフォントを変更できる無料ツール

  8. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 スタートメニュー ピン留め

    Windows10 Windowsの設定の項目を一発で開く方法

  9. Windows10 ウィンドウズ10 デスクトップ ツールバー

    Windows10 デスクトップ上で隠れているアイコンに一発でアクセスする方法

広告





おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Wordで英字の上にアクセント符号を付ける2つの方法
  2. Windows11 強化されたフィッシング詐欺に対する保護機能を一度チェックしましょう
  3. WordにExcelで作成した表をキレイに貼り付ける2つの方法
  4. 文章入力の変換効率を上げる! 予測変換から不要な変換候補を削除する手順
  5. Excelの住所録などで郵便番号の入力を省くテクニックを紹介
  6. Excelで重複するデータの入力を確実に防ぐ方法 データの入力規則 COUNTIF関数
  7. Excelで複数のチェックボックスを素早く挿入するテクニックを紹介
  8. Todoリストやアンケート等に便利!Excelでチェックボックスを挿入する手順を解説
  9. Windows11でタスクバーの邪魔なアイコンをまとめて非表示にする方法
  10. 特定の値を条件に複数の結果に振り分けられる「SWITCH関数」が便利!
PAGE TOP