Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

 

今回は、Windows10でWindows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法をご紹介。

 

Windows10に標準で搭載されいる、WindowsDefenderですが

他社製のウイルスソフトと、同時使用できるようになったので、そのまま使っている。

という人も多いでしょう。

 

もちろん、そのまま使っていいんですが

Windows10のアップデートごとに、機能が強化されてきていて

機能が強化された反面、本来ウイルスじゃないファイルなどもウイルスとして、誤検出する。

 

といった現象が起こるようになっています。

 

なので、もしご自身のパソコンで、Windows Defenderによる

ウイルスの誤検出が頻繁に起こっているようなら、設定を変えることによって

誤検出の頻度を抑えることができます。

 

ただ注意事項としては

お持ちのパソコンにWindows Defender以外の、他社製のウイルスソフトを入れている

という方は、今回の設定をしておくといいんですが

 

Windows Defenderしか使っていない、といった場合は、今回ご紹介する設定をしてしまうと

ウイルスに対する耐性が低くなってしまいますので

 

Windows Defenderしか使っていない、といった方は

この設定は、絶対にやらないようにしてください。

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 ウィンドウズ10 画面 キャプチャ

    Windows10 アプリを使わずに画面をキャプチャする4つの方法

  2. Windows11・10 なかなか変換候補に出てこない漢字を素早く変換する方法

    Windows11・10 なかなか変換候補に出てこない漢字を素早く変換する方法

  3. タスクバー アプリ ショートカットキー 起動

    Windows10 タスクバーのアプリをショートカットキーで起動する方法

  4. Windows10 ウィンドウズ10 写真 位置情報 削除

    Windows10 スマートフォンで撮影した写真の位置情報を削除する方法

  5. 記号 特殊記号 変換 Word

    文章入力が早くなる! キーボードにない記号をもっと素早く入力する方法

  6. Windows10 ショートカットキー ゴミ箱 元に戻す

    Windows10 間違ってゴミ箱に入れてしまったファイルを一瞬で元あった場所に戻す方法

  7. Windows10 ウィンドウズ10 録音 マイク

    Windows10パソコンをボイスレコーダーとして使う方法

  8. Windows10 デバイスマネージャー ドライバ アンインストール

    Windows10 Bluetooth機器が突然つながらなくなる場合の対処方法

  9. Windows10 ウィンドウズ10 互換モード 使い方

    Windows10で動かない古いソフトを互換モードで動かす方法

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Officeソフト 複数の図形をより素早くコピーするテクニック
  2. Excelで今年(2023年)のカレンダーを作る方法
  3. Excelで数式結果のゼロを非表示にする方法
  4. Excelで一つ上の行を一瞬でコピーするテクニック
  5. 接触確認アプリ「COCOA」の機能を停止する手順を紹介
  6. Outlookで新年最初のビジネスメールに使いたいあいさつ文を簡単に作る方法
  7. Windows11 Microsoft IMEの予測入力候補の表示がうっとうしい 予測入力をオフにする方法
  8. 一度変換を確定した漢字をより素早く再変換するテクニック
  9. ファイルのプロパティを一瞬で開くちょっとしたテクニック
  10. Excelで元の列幅を維持したままより素早く表をコピーするテクニック
PAGE TOP