Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

 

今回は、Windows10でWindows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法をご紹介。

 

Windows10に標準で搭載されいる、WindowsDefenderですが

他社製のウイルスソフトと、同時使用できるようになったので、そのまま使っている。

という人も多いでしょう。

 

もちろん、そのまま使っていいんですが

Windows10のアップデートごとに、機能が強化されてきていて

機能が強化された反面、本来ウイルスじゃないファイルなどもウイルスとして、誤検出する。

 

といった現象が起こるようになっています。

 

なので、もしご自身のパソコンで、Windows Defenderによる

ウイルスの誤検出が頻繁に起こっているようなら、設定を変えることによって

誤検出の頻度を抑えることができます。

 

ただ注意事項としては

お持ちのパソコンにWindows Defender以外の、他社製のウイルスソフトを入れている

という方は、今回の設定をしておくといいんですが

 

Windows Defenderしか使っていない、といった場合は、今回ご紹介する設定をしてしまうと

ウイルスに対する耐性が低くなってしまいますので

 

Windows Defenderしか使っていない、といった方は

この設定は、絶対にやらないようにしてください。

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 IMEの予測候補が表示される文字数を変更する方法

  2. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 検索

    Windowsの設定を徹底解説 #11 検索ボックスを使いやすくカスタマイズする

  3. Windows10 Windowsセキュリティー ウイルスソフト ウイルス

    Windows10 標準搭載のWindowsセキュリティーで最低限チェックすべき項目

  4. Windows10 ショートカットキー Windowsキー ウィンドウズ10

    Windows10で使えるショートカットキーまとめ 前編

  5. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 システム

    Windowsの設定を徹底解説 #01 パソコンを快適に使うための設定

  6. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 タッチパッド デバイス

    Windows10 マウス接続時にタッチパッドをオフにする方法

  7. Windows10 ファイアウォール 設定 アプリ

    Windows10 アプリごとにファイアウォールの設定を変更する方法

  8. Windows10 ウィンドウズ10 デバイス Windowsの設定

    Windowsの設定を徹底解説 #02 外部機器の接続とマウスを快適に使う

  9. Windows10 アカウント 画像

    Windows10 アカウント画像を標準の画像に戻す方法

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  2. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  3. 転職 IT Web業界 エンジニア
  4. PayPay ペイペイ 登録方法
  5. Google Chrome サイト 保存

人気記事

  1. グーグルマップ 新型コロナ 感染状況 COVID-19
  2. 電子印鑑 電子はんこ デジタル印鑑 デジタルはんこ
  3. OneNote ワンノート テンプレート ページ
  4. OneNote 足し算 引き算 掛け算 割り算
  5. Windows10 ウィンドウズ10 エクスプローラ 表示レイアウト ショートカットキーっv
  6. Windows10 ウィンドウズ10 タスクバーの設定 ボタン
  7. OneNote ワンノート サブページ 階層
  8. Excel エクセル ショートカットキー データ入力
  9. OneNote ワンノート 音声 録音
  10. OneNote 手書き入力 ペン 図形 数式
PAGE TOP