Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

 

今回は、Windows10でWindows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法をご紹介。

 

Windows10に標準で搭載されいる、WindowsDefenderですが

他社製のウイルスソフトと、同時使用できるようになったので、そのまま使っている。

という人も多いでしょう。

 

もちろん、そのまま使っていいんですが

Windows10のアップデートごとに、機能が強化されてきていて

機能が強化された反面、本来ウイルスじゃないファイルなどもウイルスとして、誤検出する。

 

といった現象が起こるようになっています。

 

なので、もしご自身のパソコンで、Windows Defenderによる

ウイルスの誤検出が頻繁に起こっているようなら、設定を変えることによって

誤検出の頻度を抑えることができます。

 

ただ注意事項としては

お持ちのパソコンにWindows Defender以外の、他社製のウイルスソフトを入れている

という方は、今回の設定をしておくといいんですが

 

Windows Defenderしか使っていない、といった場合は、今回ご紹介する設定をしてしまうと

ウイルスに対する耐性が低くなってしまいますので

 

Windows Defenderしか使っていない、といった方は

この設定は、絶対にやらないようにしてください。

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 DNSキャッシュ ネット 遅い

    Windows10 ネットの接続が遅い DNSキャッシュをクリアする方法

  2. Windows10 ウィンドウズ10 テキストカーソルインジケーター Windowsの設定

    Windows10 テキストカーソルをもっと見やすくする方法

  3. Windows10 ウィンドウズ10 MicrosoftIME プライベートモード

    Windows10 文字の入力履歴を残さない方法

  4. Windows10 ウィンドウズ10 October2020Update 20H2

    Windows10 October 2020 Updateに手動でアップデート

  5. Windows10 ショートカット 作り方 デスクトップ

    Windows10 もっと素早くソフトのショートカットを作成する方法

  6. Windows10 マウスポインター 見づらい 大きくする 設定

    Windows10 マウスポインタが見づらい場合の設定方法

  7. Windows10 ウィンドウズ10 タスクバーの設定 ボタン

    Windows10 タスクバーのアイコンを結合しない方法

  8. Windows10 October 2018 Update

    Windows10 October 2018 Updateの提供が再開!

  9. Windows10 ショートカットキー Altキー Shiftキー エクスプローラー

    Windows10で使えるショートカットキーまとめ 後編

広告





おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. 最低限覚えておくと便利! Excelで画面を拡大・縮小する5つの方法
  2. マウスがない時に便利! Excelでキーボード操作のみでオートフィルを実行する便利技
  3. Excelで上のセルの書式なしコピーを一瞬で行う便利技
  4. Windows11でCopilot in Windowsを素早く起動する
  5. 覚えておくと便利!Excelでフリガナを振る時の2つの便利技
  6. ファイナルファンタジー7リバース発売記念 Googleで「FF」と検索すると...?
  7. Wordでキーボードの操作のみで箇条書きを挿入する便利技
  8. Windows11でデスクトップアイコンの表示・非表示をキーボードの操作で行うちょっとした小技
  9. Excelでコピー&ペーストした時に貼り付けオプションのボタンを表示させなくする方法
  10. Google Chromeで良く開くWebページをタスクバーにピン留めする手順
PAGE TOP