Google Chrome68 正式リリース http接続のサイトに警告表示を開始

 

今回は、Google Chrome68が正式リリースされ、http接続のサイトに警告表示を開始したので

簡単に解説をします。

 

 

Googleは7月24日(アメリカ現地時間)にWebブラウザー「Google Chrome」の最新版である

v68.0.3440.75を公開しました。

https://www.blog.google/products/chrome/milestone-chrome-security-marking-http-not-secure/

 

今回のバージョンアップの目玉は、以前から発表されていた「http接続」のサイトに警告表示を

出すようになったことです。

 

 

ちなみに、このエントリーを書いている時点での警告表示は、こんな感じで出ます。

 

 

 

逆に、SSLに対応し「https接続」になっているサイトは、以前から以下のような表示になっていました。

 

https接続

※当サイトは、もちろん対応済みです。

 

 

「http」接続だからと言って、必ずしも即危険なサイトと判断するのは、流石に性急すぎですが

サイトの安全性を判断する、一つの材料にはなりますね。

 

また、2018年の7月のChromeのアップデートで、「http接続」のサイトには警告を出しますよ。

といったアナウンスは、半年以上前からされていたので、

現状で対応していないサイトは、しばらく更新していないサイトであったり

サイトの運営者が、そういったことに無頓着な人、もしくは「SSL」の設定は独自ドメインを使用していないと

できないので、独自ドメインを使用していない、趣味レベルのサイトという判断にはなるかと思います。

 

逆に、サイトの運営者側としては、「http接続」のままだと警告表示が出てしまうので

まだ未対応の場合は、すぐにでも「SSL」の設定をしておきましょう。

 

「SSL」の設定は、契約しているサーバーによってもかなり違ってくるので

まずは、契約サーバーの設定方法を確認すると良いです。

 

ちなみに、2018年10月に予定されている次期アップデートでは、この警告表示の色を赤にして

よりユーザーにわかりやすくすることも、すでにアナウンスされていますので

サイトを運営していて、ほったらかしにしている場合は、今すぐ対応することをおすすめします。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. ネット検索するだけで楽天スーパーポイントを貯める裏ワザ!

  2. Chromeに保存したパスワードをダンロードする方法

  3. WordPress 管理画面 揺れる

    WordPress 管理画面が揺れる場合の対処方法

  4. 既読をつけずにLINEのトークを読む方法

  5. Google Chrome Microsoft Edge 起動時に複数のサイトを自動で開く方法

  6. Excel新機能 本格的な翻訳機能が追加!(Office Insider登録者向け)

  7. Facebook データ 流出

    5000万人が流出! Facebookのデータが流出していないかを調べる方法

  8. Chrome 手動 アップデート

    Chrome69登場! 最新バージョンに手動でアップデートする方法

  9. グーグルドライブの容量を無料で増やす方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP