第11回 Excel応用 通し番号を入力する方法 ROW関数

エクセル Excel ROW関数 

 

今回は、EXCEL応用講座の第11回目です。

11回目の今回は、ROW関数を使って通し番号を入力する方法をご紹介します。

Excelで通し番号を入力したい場合、一番一般的なやり方は

マウスのドラッグ操作で入力する方法があります。

 

単純に投資番号を入力するだけなら、このやり方で良いんですが

ドラッグ操作で番号を入力した場合、後からの修正で行を削除したりすると

番号の振り直しはしてくれません。

 

そういった時は、「ROW関数」を使って、通し番号を振っておくと

途中の行を削除したりしても、しっかりと番号を振り直してくれるので、非常に便利です。

 

今回も、動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel エクセル SUM関数 入力 ショートカットキー

    第10回 Excel応用 ショートカットキーでSUM関数を入力する方法

  2. Excel エクセル 保護

    第8回 Excel応用 特定のセル範囲を入力できないようにする方法

  3. サイト ホームページ キャプチャ

    Webページをカンタンにクリップできる無料ツール Google Keep

  4. Excel 文字 削除 置換

    第6回 Excel応用 不要な文字をまとめて削除する方法

  5. Excel エクセル LEFT関数 RIGHT関数 MID関数

    第13回 Excel応用 データの一部を抜き出す方法 LEFT関数 RIGHT関数 MID関数

  6. Excel エクセル フラッシュフィル

    第9回 Excel応用 フラッシュフィルの使い方

  7. Excel 日付 自動入力

    第2回 Excel応用 今日の日付を自動で入力する方法

  8. Excel エクセル CONCAT関数

    Excel応用 #14 別々のセルのデータを一つにまとめて表示する方法 CONCAT関数

  9. Excel エクセル VLOOKUP関数

    第15回 Excel応用 VLOOKUP関数の使い方

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP