第11回 Excel応用 通し番号を入力する方法 ROW関数

エクセル Excel ROW関数 

 

今回は、EXCEL応用講座の第11回目です。

11回目の今回は、ROW関数を使って通し番号を入力する方法をご紹介します。

Excelで通し番号を入力したい場合、一番一般的なやり方は

マウスのドラッグ操作で入力する方法があります。

 

単純に投資番号を入力するだけなら、このやり方で良いんですが

ドラッグ操作で番号を入力した場合、後からの修正で行を削除したりすると

番号の振り直しはしてくれません。

 

そういった時は、「ROW関数」を使って、通し番号を振っておくと

途中の行を削除したりしても、しっかりと番号を振り直してくれるので、非常に便利です。

 

今回も、動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel エクセル 置換 

    第37回 Excel応用 セル内の空白を一発で削除する方法

  2. Excel エクセル 離れたセル 同じデータ 入力

    第3回 Excel応用 離れたセルに一発で同じデータを入力する方法

  3. Excel エクセル グラフ 色 変更

    第44回 Excel応用 グラフの一部分を目立たせる方法

  4. Excel エクセル 元号 元年

    Excel応用 番外編 改元まであと少し 元号の初年を「元年」と自動表示する方法

  5. Excel エクセル VLOOKUP関数

    第15回 Excel応用 VLOOKUP関数の使い方

  6. エクセル Excel 条件付き書式 曜日 色分け

    第26回 Excel応用 曜日のセルを色分けする方法 その2 条件付き書式

  7. Excel エクセル LEFT関数 RIGHT関数 MID関数

    第13回 Excel応用 データの一部を抜き出す方法 LEFT関数 RIGHT関数 MID関数

  8. Excel エクセル クリップボード

    第40回 Excel応用 クリップボードの使い方

  9. Excel エクセル 千円単位

    第32回 Excel応用 金額の千円以下を省略する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP