第21回 Excel応用 IFS関数の使い方

エクセル Excel IFS関数

 

今回は、EXCEL応用講座の第21回目です。

21回目の今回は、IFS関数の使い方をご紹介します。

前回の動画では、IF関数の基本的な使い方を解説しましたが

IF関数は、一つの条件を満たすものに対して、何かしらのデータを表示させる関数ですが

 

今回ご紹介する「IFS関数」を使うと

複数の条件を設定することができるので、より複雑なデータ表示をすることができます。

 

今回も、動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel エクセル LEFT関数 RIGHT関数 MID関数

    第13回 Excel応用 データの一部を抜き出す方法 LEFT関数 RIGHT関数 MID関数

  2. Excel エクセル セル内 改行

    第5回 Excel応用 セル内で文字を改行する方法

  3. Excel エクセル 離れたセル 同じデータ 入力

    第3回 Excel応用 離れたセルに一発で同じデータを入力する方法

  4. Excel エクセル 元号 元年

    Excel応用 番外編 改元まであと少し 元号の初年を「元年」と自動表示する方法

  5. Excel エクセル CONCAT関数

    Excel応用 #14 別々のセルのデータを一つにまとめて表示する方法 CONCAT関数

  6. Excel エクセル フラッシュフィル

    第9回 Excel応用 フラッシュフィルの使い方

  7. エクセル Excel ふりがな

    第7回 Excel応用 文字にふりがなをふる方法

  8. Excel エクセル RANK関数

    第19回 Excel応用 数値の順位を出す方法 RANK関数

  9. Excel エクセル 入力規則 リスト

    第1回 Excel応用 データをリストから選択して表示する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP