第18回 Excel基礎講座 数値の入ったセルの個数を求める方法 COUNT関数

エクセル Excel Count関数

 

今回は、EXCEL基礎講座の第18回目です。

18回目の今回は、数値の入ったセルの個数を求める方法をご紹介します。

 

Excelでは「COUNT関数」を使うことによって

数値が入力されているセルの数を数えることができます。

数値の分析などで、結構使える関数です。

 

Excel初心者の方にとっては、関数と聞くと、ちょっと難しく感じるかも

しれませんが、関数の入力自体は慣れてしまえば、カンタンです。

 

少しづつでも良いので、操作に慣れていきましょう!

 

それでは、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel 印刷範囲 エクセル

    第54回 Excel基礎 印刷範囲を指定する方法

  2. Excel 基礎 講座 オートフィル

    第3回 Excel基礎講座 同じ文字や連続データを入力する方法 オートフィル

  3. エクセル Excel 基礎 日付

    第2回 Excel基礎講座 日付の入力方法

  4. Excel 基礎 講座 データ修正

    第4回 Excel基礎講座 一度入力したデータを修正する方法

  5. エクセル Excel SUMIF関数

    第23回 Excel基礎講座 条件と一致する数値の合計を求める方法

  6. エクセル EXCEL 基礎 講座

    第1回 Excel基礎講座 データ入力の基礎

  7. Excel 図形 編集

    第47回 Excel基礎 図形を編集する方法

  8. Excel 印刷

    第50回 Excel基礎 印刷する方法

  9. Excel シート名 変更

    第36回 Excel基礎 シート名を変更する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP