Windows10 USBメモリの読み書きを高速化する方法

USBメモリ データ 非表示

 

今回は、Windows10でUSBメモリの読み書きを高速化する方法をご紹介。

 

作成したデータなんかを持ち運ぶ時に、USBメモリを使っているという方は多いと思います。

一昔前と比べれば、大容量のものでもかなり安くなったので便利ですよね。

 

また、USBの規格も何度かのバージョンアップをして、昔のものと比べるとかなり高速になりました。

 

ただ、USBメモリはパソコンに指しただけで使えるという、便利さがある反面

あまりにも便利なゆえに、わざわざUSBメモリの設定を変える人って、かなり少ないのではないかと。

 

実はUSBメモリには「Ready Boost」というWindows標準搭載の機能があり

この設定をすることで、読み書きを高速化させることができちゃうんです。

 

注意点としては、「Ready Boost」を使うと、USBメモリの保存容量が少し減ってしまうこと。

まあ、最近のUSBメモリは大容量なんで、10GB以上ぐらいのものであれば、あまり気になりません。

 

「えっ!何その機能?」

 

という方は、ぜひ設定してみてくださいな!

今回も、動画で解説していますので、以下よりどうぞ↓


ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 April 2018 Update スタートアップの管理を設定アプリで行う方法

  2. Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

  3. Windows10でAndroidアプリが動く無料ツール BlueStacks

  4. Windows10 メモ帳で保存した日付を自動で入力する裏ワザ

  5. Windows10 April 2018 Update アバスト無料アンチウイルスを使っている方は要…

  6. Windows10 April 2018 Update サウンドデバイスの変更を設定アプリで行う方法…

  7. Windows10 システムフォント 変更

    Windows10のシステムフォントを変更できる無料ツール

  8. Stickynote 付箋 新機能

    Windows10 Sticky Notes (旧付箋) がバージョンアップ!

  9. Windows10 大型アップデート後にWi-Fiが不安定になる場合の対処方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP