Windows10 October 2018 Updateに重大バグ 提供中止に

Windows10 October 2018 Update 提供中止

 

今回は、Windows10 October 2018 Updateに重大バグが発生し、

このエントリーを書いている時点で、提供中止になっているので、カンタンに解説をします。

 

2018年10月2日から提供が開始されていた、「Windows10 October 2018 Update」ですが

アップデートを適用するとユーザーファイルの一部が消失する問題が報告されて、

その調査を行うために、提供を中止したようです。

 

現時点で、まだほとんどのパソコンで自動アップデートが適用されていないとは思いますが

一部、「Windows10のダウンロード」サイトからISOファイルをダウンロードして、

手動でアップデートした人、ISOファイルだけダンロードしていて、アップデートは

まだしていないといった人もいるでしょう。

 

このISOファイルだけダンロードして、まだアップデートしていない場合

現時点での手動でのアップデートは、控えるようにMicrosoftから注意喚起が出ています。

 

なお、このエントリーを書いている2018年10月10時点では

「October 2018 Update」のダンロードはできなく「April 2018 Update」になっています。

 

すでに手動でアップデートしてしまい

上記したような、ファイルの消失が起こっている場合は、以下のMicrosoftのサポートサイトから

問い合わせを受けつけているようなので、自分で対処しようとする前に、

サポートに問い合わせをするようにしましょう。

 

■Microsoftサポート ⇒ https://support.microsoft.com/ja-jp/contactus/

 

 

また、2018年10月9日に、Windows Insider Program向けに、このバグに対処した修正プログラムの

配布を開始したようですが、あくまでテスト段階のプログラムとなります。

 

Windows Insider Programに参加をしていて、とにかく1日でも早く新しい機能を使いたい

というケース以外では、一般公開まで待ったほうが良いでしょう。

 

動画でも解説していますので、気になる方は以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 Microsoftアカウントの同期を停止する方法

  2. タスクバー アプリ ショートカットキー 起動

    Windows10 タスクバーのアプリをショートカットキーで起動する方法

  3. Windows10 Wi-Fi データ 使用量 制限

    Windows10 Wi-Fiのデータ使用量を制限する方法

  4. Windows10 クラウドクリップボード

    Windows10 クラウドクリップボードで異なるデバイス間のコピペが可能に!

  5. Windows10 IMEの予測候補が表示される文字数を変更する方法

  6. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー

    Windows10 October 2018 Update 新機能 ショートカットキーで画面をキャプ…

  7. Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法 ※Windows10 Pro…

  8. Windows10 ペイント3Dで写真を切り抜く方法

  9. Windows10 令和 アップデート 対応 新元号

    Windows10 「令和」対応のプログラムを提供開始

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. 転職 IT Web業界 エンジニア
  2. Windows10 コピー 貼り付け 履歴 クリップボード
  3. PayPay ペイペイ 登録方法
  4. Google Chrome サイト 保存
  5. Windows10 Wi-Fi パスワード 表示 調べる

人気記事

  1. Google Chrome サイト 保存
  2. Windows10 日本語入力方式 固定
  3. DVD 作成 DVDMemory
  4. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー
  5. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  6. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  7. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  8. PayPay ペイペイ 登録方法
PAGE TOP