Excelで毎年1月に起こりがちな年またぎの問題について解説

Excelで毎年1月に起こりがちな年またぎの問題について解説
  • 当ページはアフィリエイト広告を利用しています

今回はExcelで
毎年1月に起こりがちな
年またぎの問題について解説します

<スポンサードリンク>

毎年1月にExcelで起こりがちな問題とは

たとえば今この記事は2024年の1月に
書いていますが

年を越して1月になっても
ひと月前の12月のデータを作成したり
分析をしたりすることは
多々あると思います

その時日付を入力する場合
単純に「12/1」みたいに
月と日だけを入力すると

Excel上では「2024年12月1日」
認識します

2024年に入力しているのだから
当然ですね

これが実際には2023年だけども
12月1日と表示されていれば
2024年と認識されていても
特に問題ないということであれば
そのままでも良いですが

2023年と認識させたいという場合は
主に2通りの方法があります

具体的な方法は
動画で解説していますので
気になる方は以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. Excelでマイナスの数値を▲付の赤字にして目立たせるテクニック

    Excelでマイナスの数値を▲付の赤字にして目立たせるテクニック

  2. Excel上級者のあの人がひそかに使っている! データを横方向に並べ替えするテクニック

    Excel上級者のあの人がひそかに使っている! データを横方向に並べ替えするテクニック

  3. Excelで重複しているデータを削除して一瞬でリスト化するテクニック UNIQUE関数

    Excelで重複しているデータを削除して一瞬でリスト化するテクニック UNIQUE関数

  4. Excelのコピー&ペーストは「Ctrl+Alt+V」も覚えておくと便利です

    Excelのコピー&ペーストは「Ctrl+Alt+V」も覚えておくと便利です

  5. Excelでセルの背景色を一瞬でクリアするテクニック

    Excelでセルの背景色を一瞬でクリアするテクニック

  6. Excelで縦書きの月名で数字の部分だけ横書きにする小技

    Excelで縦書きの月名で数字の部分だけ横書きにする小技

  7. 2種類だけじゃない! Excelで様々な形で和暦を表示するテクニックを紹介

    2種類だけじゃない! Excelで様々な形で和暦を表示するテクニックを紹介

  8. Excelで上下左右に画面を一瞬でスクロールさせるテクニック

    Excelで上下左右に画面を一瞬でスクロールさせるテクニック

  9. Excel COUNT関数 COUNTA関数 SUMIF関数 使い方

    Excel 関数・数式入力の基本 後編1 ※初心者向け

広告



おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Windows11のエクスプローラーの操作で覚えておくと便利なショートカットキー5選
  2. 文字を入力した時の予測入力が表示される文字数を1文字から変更する方法
  3. Windows11でマウスポインターを見失う場合はCtrlキーを押すとポインターの位置を表示する設定を有効にしよう
  4. Excelでオートフィルターで抽出した数値の合計を計算する方法 SUBTOTAL関数
  5. Excelで数式の参照元のセルがどれなのか素早くチェックする方法
  6. 今年も12月 Googleで「クリスマス」で検索すると?
  7. デフラグは悪影響 SSDの最適化「トリム」を行う手順を解説
  8. Google Chromeおすすめ拡張機能 Webサービスの解約方法を素早く検索できる!【解約 COM】
  9. Excelで現在選択しているセルに一発で移動する小技
  10. Excelでセル内のデータをマウスの操作のみで削除する
PAGE TOP