第20回 Excel基礎講座 条件と一致するデータの個数を求める方法

Excel COUNTIF関数 関数

今回は、EXCEL基礎講座の第20回目です。

20回目の今回は、条件と一致するデータの個数を求める方法をご紹介します。

前2回のエントリーでは、数値が入ったセルの数を求める「COUNT関数」

空白以外のセルを数える「COUNTA関数」の使い方を解説しましたが

この2つに似た関数で「COUNTIF関数」という関数があって

この関数を使うと、データの数を数える対象を指定して、その個数を求めることができます。

内容的には、Excelの基礎レベルを超えていて

初心者の方にとっては、ちょっと難しく感じるかもしれませんが

「COUNT・COUNTA関数」に合わせて覚えておくと非常に便利です

1回動画を見ても、ちょっとわかりづらい

といった場合は、何回か動画を見て覚えてもらえればと思います。

それでは、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel 基礎 条件付き書式

    第29回 Excel基礎 条件付き書式を設定する方法

  2. Excel 印刷範囲 エクセル

    第54回 Excel基礎 印刷範囲を指定する方法

  3. Excel 基礎 表 作成

    第9回 Excel基礎講座 表を作成する方法

  4. エクセル Excel 基礎 日付

    第2回 Excel基礎講座 日付の入力方法

  5. Excel グラフ デザイン

    第45回 Excel基礎 グラフのデザインを変更する方法

  6. Excel エクセル 基礎 元に戻す やり直す

    第5回 Excel基礎講座 操作を元に戻す・やり直す方法

  7. Excel 離れたセル 合計

    第14回 Excel基礎講座 離れたセルの値の合計を求める方法

  8. Excel シート名 変更

    第36回 Excel基礎 シート名を変更する方法

  9. Excel SUM関数 AVERAGE関数

    第12回 Excel基礎講座 関数を使って合計・平均を求める方法

広告



おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Windows11のエクスプローラーの操作で覚えておくと便利なショートカットキー5選
  2. 文字を入力した時の予測入力が表示される文字数を1文字から変更する方法
  3. Windows11でマウスポインターを見失う場合はCtrlキーを押すとポインターの位置を表示する設定を有効にしよう
  4. Excelでオートフィルターで抽出した数値の合計を計算する方法 SUBTOTAL関数
  5. Excelで数式の参照元のセルがどれなのか素早くチェックする方法
  6. 今年も12月 Googleで「クリスマス」で検索すると?
  7. デフラグは悪影響 SSDの最適化「トリム」を行う手順を解説
  8. Google Chromeおすすめ拡張機能 Webサービスの解約方法を素早く検索できる!【解約 COM】
  9. Excelで現在選択しているセルに一発で移動する小技
  10. Excelでセル内のデータをマウスの操作のみで削除する
PAGE TOP