Windows10 April 2018 Update適用後に以前のバージョンに戻す方法

 

今回は、Windows10 April 2018 Update適用後に、以前のバージョンに戻す方法をご紹介。

 

2018年5月10日から

 

一般向けにも公開された、Windows10のApril 2018 Update。

 

 

最大30日前までの、過去の作業を記録し、検索できる「タイムライン」機能や

 

Windows10パソコンとブルートゥース経由で同期できる

 

「近くの共有」など、結構使えそうな、便利な機能が追加されています。

 

 

ただ、こういった大型のアップデートにありがちなのが

 

アップデートによるトラブル。

 

 

以前から使っているアプリが、起動しなくなったり

 

Windows10そのものの、動作に不具合が出てしまう

 

 

といったトラブルが、起こる可能性はゼロではないです。

 

 

そこで、Windows10ではアップデート後、10日以内であれば

 

以前のバージョンに戻すことができる機能があるんです。

 

 

Windows10をアップデートしてみたものの

 

何かしらのトラブルが起こってしまった、という方は

 

 

以前のバージョンに戻す手順を、動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 MicrosoftIME 単漢字辞書

    Windows10 変換候補に表示されない漢字を変換する方法

  2. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 システム 記憶域

    Windows10 標準の機能で不要ファイルを定期的に削除する

  3. Windows10 パソコンをWi-Fiルータ化する方法

  4. Windows10 ウィンドウズ10 タスクバーの設定 ボタン

    Windows10 タスクバーのアイコンを結合しない方法

  5. Microsoft Edge Google 新しいタブ

    Microsoft Edge 新しいタブを開いた時Googleを表示させる方法

  6. Windows10 ショートカットキー Altキー Shiftキー エクスプローラー

    Windows10で使えるショートカットキーまとめ 後編

  7. Windows10 日本語入力システム 勝手に切り替わる ATOK Google 日本語入力

    Windows10 日本語入力システムが勝手に切り替わる場合の2つの対処方法

  8. Windows10 May 2019 Updateを手動でアップデートする方法

  9. Windows10 USB 接続 つながらない 設定

    Windows10 USB機器の接続が不安定な場合の対処方法

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Windows11に更新できるかをチェックするMicrosoft公式ツールのプレビュー版が公開
  2. iPhone Siriからの提案 消す 怖い
  3. エクセルート Excel 旅行 日程表 作成
  4. Officeテンプレート Word Excel PowerPoint Microsoft
  5. Windows10 ニュースと関心事項 天気予報 タスクバー 非表示
  6. Windows11で必須要件となった「TPM2.0」って何? 自分のパソコンが対応しているか確認する方法
  7. ポップアップ広告 Chrom edge 非表示 設定
  8. Amazonrenewed 整備済み品 アマゾン Mac iPhone iPad
  9. Windows10 フォルダー タスクバー ピン留め
  10. いよいよリリース!Windows11が自分のPCで使えるか公式ツールでチェックしておこう
PAGE TOP