第20回 Excel基礎講座 条件と一致するデータの個数を求める方法

Excel COUNTIF関数 関数

 

今回は、EXCEL基礎講座の第20回目です。

20回目の今回は、条件と一致するデータの個数を求める方法をご紹介します。

 

前2回のエントリーでは、数値が入ったセルの数を求める「COUNT関数」

空白以外のセルを数える「COUNTA関数」の使い方を解説しましたが

 

この2つに似た関数で「COUNTIF関数」という関数があって

この関数を使うと、データの数を数える対象を指定して、その個数を求めることができます。

 

内容的には、Excelの基礎レベルを超えていて

初心者の方にとっては、ちょっと難しく感じるかもしれませんが

「COUNT・COUNTA関数」に合わせて覚えておくと非常に便利です

 

1回動画を見ても、ちょっとわかりづらい

といった場合は、何回か動画を見て覚えてもらえればと思います。

 

それでは、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel SUM関数 AVERAGE関数

    第12回 Excel基礎講座 関数を使って合計・平均を求める方法

  2. エクセル 書式 コピー

    第28回 Excel基礎 書式をコピーする方法

  3. Excel 基礎 講座 オートフィル

    第3回 Excel基礎講座 同じ文字や連続データを入力する方法 オートフィル

  4. エクセル Excel Count関数

    第18回 Excel基礎講座 数値の入ったセルの個数を求める方法 COUNT関数

  5. Excel 印刷範囲 エクセル

    第54回 Excel基礎 印刷範囲を指定する方法

  6. Excel エクセル 基礎 元に戻す やり直す

    第5回 Excel基礎講座 操作を元に戻す・やり直す方法

  7. Excel 行 列 挿入 削除

    第31回 Excel基礎 行と列を挿入・削除する方法

  8. Excel 範囲 選択

    第6回 Excel基礎講座 範囲を選択する方法

  9. Excel 表 印刷タイトル

    第55回 Excel基礎 表の項目を2ページ目以降にも印刷する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP