第29回 Excel基礎 条件付き書式を設定する方法

Excel 基礎 条件付き書式

 

今回は、EXCEL基礎講座の第29回目です。

29回目の今回は、条件付き書式を設定する方法をご紹介します。

 

条件付き書式とは、数値データなどの条件を指定して

その条件に一致するデータが入っているセルの背景色や文字の色などを

自動で設定する機能です。

 

条件と一致するデータを、目立たせたい時

もちろん手動で書式を設定してもいいんですが

 

最初はちょっとひと手間かかりますが、条件付き書式を設定しておけば

その後は、新しいデータを入力しても、自動で書式が設定されて

非常に便利なので、ぜひ覚えるようにしましょう。

 

それでは、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel 離れたセル 合計

    第14回 Excel基礎講座 離れたセルの値の合計を求める方法

  2. Excel 基礎 MAX関数 MIN関数

    第17回 Excel基礎講座 数値の最大値と最小値を求める方法

  3. Excel 表 行 列 固定

    第34回 Excel基礎 表の見出しを固定する方法

  4. Excel ファイル 保護

    第37回 Excel基礎 作成したファイルを保護する方法

  5. Excel シート名 変更

    第36回 Excel基礎 シート名を変更する方法

  6. Excel データ 貼り付け

    第27回 Excel基礎 様々な貼り付け方法

  7. Excel 改ページプレビュー

    第51回 Excel基礎 改ページプレビューでページ内に収める方法

  8. Excel 数式 セル参照

    第11回 Excel基礎講座 セル参照で数式を入力する方法

  9. Excel グラフ 作り方

    第42回 Excel基礎 グラフを作成する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP