第29回 Excel基礎 条件付き書式を設定する方法

Excel 基礎 条件付き書式

 

今回は、EXCEL基礎講座の第29回目です。

29回目の今回は、条件付き書式を設定する方法をご紹介します。

 

条件付き書式とは、数値データなどの条件を指定して

その条件に一致するデータが入っているセルの背景色や文字の色などを

自動で設定する機能です。

 

条件と一致するデータを、目立たせたい時

もちろん手動で書式を設定してもいいんですが

 

最初はちょっとひと手間かかりますが、条件付き書式を設定しておけば

その後は、新しいデータを入力しても、自動で書式が設定されて

非常に便利なので、ぜひ覚えるようにしましょう。

 

それでは、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel グラフ 軸ラベル

    第44回 Excel基礎 グラフに軸ラベルを挿入する方法

  2. Excel SUM関数 AVERAGE関数

    第12回 Excel基礎講座 関数を使って合計・平均を求める方法

  3. Excel セル 挿入 削除

    第32回 Excel基礎 セルを挿入・削除する方法

  4. Excel 基礎 MAX関数 MIN関数

    第17回 Excel基礎講座 数値の最大値と最小値を求める方法

  5. Excel COUNTIF関数 関数

    第20回 Excel基礎講座 条件と一致するデータの個数を求める方法

  6. エクセル Excel SUMIF関数

    第23回 Excel基礎講座 条件と一致する数値の合計を求める方法

  7. Excel セル 色

    第26回 Excel基礎 セルに色を付ける方法

  8. Excel 範囲 選択

    第6回 Excel基礎講座 範囲を選択する方法

  9. Excel シート 移動 コピー

    第35回 Excel基礎 ワークシートを追加・削除・移動・コピーする方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. Windows10 October 2018 Update 提供中止
  2. iPhone 着信音 AnyTrans
PAGE TOP