Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法

Chrome 新しいタブ サイト 表示

 

今回は、Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法をご紹介。

 

当初の予定から延期になっていた

 

Windows10の次期大型アップデート「Windows10 April 2018 Update」が

 

4月30日から、一般向けの提供が開始しました。

 

 

今回のアップデートの、一番の目玉は

 

他のデバイスで行っていた作業を、最大30日前までさかのぼることができる

 

タイムライン機能です。

 

 

また、Microsoft Edgeも、タブのミュート機能など

 

いくつかの新機能が追加されています。

 

 

このアップデートは、自分で何もしなくても

 

互換性が確認がとれたデバイスは、順次アップデートされますが

 

 

少しでも早く、新機能を試したい方は

 

手動でアップデートをすることもできます。

 

 

今回は、その手動でアップデートする方法を、動画で解説していますので

 

気になる方は、以下よりどうぞ↓

 

 

 

Windows10更新アシスタントツールのダウンロードは以下から

 

⇒ https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

※Windows10がインストールされていないデバイスからアクセスすると

自動で、ISOイメージファイルのダウンロードページに飛びます。

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

  2. Windows10 タスクバー 位置 変更 設定

    Windows10 タスクバーの位置を変更する方法

  3. Windows10 絵文字 顔文字 入力

    Windows10 スマートフォンのような絵文字を入力する方法

  4. Windows10 高速化 ツール

    Windows10 高速化の設定をまとめてできる無料ツール

  5. Windows10 ファイル 保存先 変更 容量不足

    Windows10 ファイルやアプリの保存先を変更する方法

  6. Windows10 アップデート 停止

    Windows10 October 2018 Update 自動アップデートを停止する方法

  7. WindowsUpdateを簡単に無効化できる無料ツール

  8. Windows10 クラウドクリップボード

    Windows10 クラウドクリップボードで異なるデバイス間のコピペが可能に!

  9. Windows10 April 2018 Update サウンドデバイスの変更を設定アプリで行う方法…

おすすめ記事

  1. Windows10 コピー 貼り付け 履歴 クリップボード
  2. PayPay ペイペイ 登録方法
  3. Google Chrome サイト 保存
  4. Windows10 Wi-Fi パスワード 表示 調べる

スポンサードリンク

人気記事

  1. DVD 作成 DVDMemory
  2. Google Chrome サイト 保存
  3. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  6. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー
  7. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP