Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法

Chrome 新しいタブ サイト 表示

 

今回は、Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法をご紹介。

 

当初の予定から延期になっていた

 

Windows10の次期大型アップデート「Windows10 April 2018 Update」が

 

4月30日から、一般向けの提供が開始しました。

 

 

今回のアップデートの、一番の目玉は

 

他のデバイスで行っていた作業を、最大30日前までさかのぼることができる

 

タイムライン機能です。

 

 

また、Microsoft Edgeも、タブのミュート機能など

 

いくつかの新機能が追加されています。

 

 

このアップデートは、自分で何もしなくても

 

互換性が確認がとれたデバイスは、順次アップデートされますが

 

 

少しでも早く、新機能を試したい方は

 

手動でアップデートをすることもできます。

 

 

今回は、その手動でアップデートする方法を、動画で解説していますので

 

気になる方は、以下よりどうぞ↓

 

 

 

Windows10更新アシスタントツールのダウンロードは以下から

 

⇒ https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

※Windows10がインストールされていないデバイスからアクセスすると

自動で、ISOイメージファイルのダウンロードページに飛びます。

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. ストアアプリ 勝手にインストール Windows10

    Windows10 ストアアプリが勝手にインストールされる場合の対処方法

  2. Windows10 アカウント 画像

    Windows10 アカウント画像を標準の画像に戻す方法

  3. エクスプローラー 同時 開く

    Windows10 エクスプローラーを二つ以上同時に開く方法

  4. Windows アップデート Update

    本日は4月の「Windows Update」の日です

  5. Windows10 シャットダウン 防ぐ

    Windows10の突然のシャットダウンを防ぐ無料ツール ShutdownBlocker

  6. Windows10 Wi-Fi データ 使用量 制限

    Windows10 Wi-Fiのデータ使用量を制限する方法

  7. Windows10 タスクバー

    Windows10 タスクバーにオリジナルのスタートメニューを作る方法

  8. Microsoft Edge セキュリティー 設定

    Microsoft Edge セキュリティー機能ここだけはチェックしよう

  9. Windows10 破損ファイル 修復 コマンドプロンプト

    Windows10 破損ファイルを自動修復する方法

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  3. DVD 作成 DVDMemory
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. Google Chrome サイト 保存
  6. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP