Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法

 

今回は、Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法をご紹介。

 

Windows10は、数年前の比較的低スペックなパソコンでもアップデートはできるので

少し古いパソコンで、Windows10を使っているという方は多いでしょう。

 

古いパソコンで、メモリが2~4GB程度のパソコンだと、Windows10は普通には動くものの

動作が非常にもっさりしてしまう可能性があります。

 

動きが悪い場合、メモリ不足が原因のケースがあるので、物理的にメモリを増設してもいいんですが

今回はメモリ増設の前に、SuperFetchという機能を無効にして、メモリ不足を解消する方法をご紹介します。

 

SuperFetchとは、メモリの一部を使ってアプリなどの起動を早くしたりする機能で

Windows Vistaから追加された機能です。

 

アプリの起動を早くするために、メモリの一部を使用するので

高スペックなパソコンなら、この機能を使えば動きが早くなるんですが

メモリがちょっと少ない、低スペックパソコンだと、メモリを使う分動きが悪くなる場合があります。

 

数年前の低スペックなパソコンで、Windows10を使っている

といった方は、SuperFetchを無効にすれば必ず早くなる、といったわけではないですが

メモリ増設の前に試してみる価値はあると思います。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 エクスプローラの表示の列幅を一発で調整する方法

  2. Microsoft Edge パスワード 削除

    Windows10 Microsoft Edge 保存されたパスワードを削除する方法

  3. Windows10 写真のサムネイル表示をオフにする方法

  4. Windows10 シャットダウン 防ぐ

    Windows10の突然のシャットダウンを防ぐ無料ツール ShutdownBlocker

  5. Windows10 離席したら自動でパソコンをロックする方法

  6. Windows10 不要なアプリのインスールを完全ブロックする方法

  7. Windows10 大型アップデート後にWi-Fiが不安定になる場合の対処方法

  8. Stickynote 付箋 新機能

    Windows10 Sticky Notes (旧付箋) がバージョンアップ!

  9. Windows10 同じ階層のウィンドウを一発で開く方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP