Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法

 

今回は、Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法をご紹介。

 

Windows10は、数年前の比較的低スペックなパソコンでもアップデートはできるので

少し古いパソコンで、Windows10を使っているという方は多いでしょう。

 

古いパソコンで、メモリが2~4GB程度のパソコンだと、Windows10は普通には動くものの

動作が非常にもっさりしてしまう可能性があります。

 

動きが悪い場合、メモリ不足が原因のケースがあるので、物理的にメモリを増設してもいいんですが

今回はメモリ増設の前に、SuperFetchという機能を無効にして、メモリ不足を解消する方法をご紹介します。

 

SuperFetchとは、メモリの一部を使ってアプリなどの起動を早くしたりする機能で

Windows Vistaから追加された機能です。

 

アプリの起動を早くするために、メモリの一部を使用するので

高スペックなパソコンなら、この機能を使えば動きが早くなるんですが

メモリがちょっと少ない、低スペックパソコンだと、メモリを使う分動きが悪くなる場合があります。

 

数年前の低スペックなパソコンで、Windows10を使っている

といった方は、SuperFetchを無効にすれば必ず早くなる、といったわけではないですが

メモリ増設の前に試してみる価値はあると思います。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法 ※Windows10 Pro…

  2. Windows10の個人情報収集を遮断する無料ツール DisableWinTracking

  3. Windows10 アカウント 画像

    Windows10 アカウント画像を標準の画像に戻す方法

  4. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー

    Windows10 October 2018 Update 新機能 ショートカットキーで画面をキャプ…

  5. Windows10 切り取り&スケッチ

    Windows10 October 2018 Update 新機能 切り取り&スケッチの使い方

  6. WindowsDefenderにブロックされてアプリがインストールできない場合の対処方法

  7. Windows10 クラウドクリップボード

    Windows10 クラウドクリップボードで異なるデバイス間のコピペが可能に!

  8. Windows10 メモ帳で保存した日付を自動で入力する裏ワザ

  9. USBメモリ データ 非表示

    Windows10 USBメモリの読み書きを高速化する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP