Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

 

今回は、Windows10でWindows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法をご紹介。

 

Windows10に標準で搭載されいる、WindowsDefenderですが

他社製のウイルスソフトと、同時使用できるようになったので、そのまま使っている。

という人も多いでしょう。

 

もちろん、そのまま使っていいんですが

Windows10のアップデートごとに、機能が強化されてきていて

機能が強化された反面、本来ウイルスじゃないファイルなどもウイルスとして、誤検出する。

 

といった現象が起こるようになっています。

 

なので、もしご自身のパソコンで、Windows Defenderによる

ウイルスの誤検出が頻繁に起こっているようなら、設定を変えることによって

誤検出の頻度を抑えることができます。

 

ただ注意事項としては

お持ちのパソコンにWindows Defender以外の、他社製のウイルスソフトを入れている

という方は、今回の設定をしておくといいんですが

 

Windows Defenderしか使っていない、といった場合は、今回ご紹介する設定をしてしまうと

ウイルスに対する耐性が低くなってしまいますので

 

Windows Defenderしか使っていない、といった方は

この設定は、絶対にやらないようにしてください。

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Chrome 新しいタブ サイト 表示

    Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法

  2. Windows10 日本語入力方式 固定

    Windows10 日本語入力方式を固定する方法

  3. 無料メモアプリ Microsoft Whiteboardが正式リリース

  4. WindowsDefenderにブロックされてアプリがインストールできない場合の対処方法

  5. Windows10 システムフォント 文字 大きさ

    Windows10 システムフォントを拡大する方法

  6. Windows10のストアアプリを削除できるフリーソフト

  7. Windows10 マップ

    Windows10 マップアプリ 一発で目的地までのルートを検索する方法

  8. Windows10のゲームバーを使ってパソコンの画面を録画する方法

  9. Windows10 April 2018 Update適用後に以前のバージョンに戻す方法

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  3. DVD 作成 DVDMemory
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. Google Chrome サイト 保存
  6. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP