Windows10 Windows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法

 

今回は、Windows10でWindows Defenderがウイルスを誤検出する場合の対処方法をご紹介。

 

Windows10に標準で搭載されいる、WindowsDefenderですが

他社製のウイルスソフトと、同時使用できるようになったので、そのまま使っている。

という人も多いでしょう。

 

もちろん、そのまま使っていいんですが

Windows10のアップデートごとに、機能が強化されてきていて

機能が強化された反面、本来ウイルスじゃないファイルなどもウイルスとして、誤検出する。

 

といった現象が起こるようになっています。

 

なので、もしご自身のパソコンで、Windows Defenderによる

ウイルスの誤検出が頻繁に起こっているようなら、設定を変えることによって

誤検出の頻度を抑えることができます。

 

ただ注意事項としては

お持ちのパソコンにWindows Defender以外の、他社製のウイルスソフトを入れている

という方は、今回の設定をしておくといいんですが

 

Windows Defenderしか使っていない、といった場合は、今回ご紹介する設定をしてしまうと

ウイルスに対する耐性が低くなってしまいますので

 

Windows Defenderしか使っていない、といった方は

この設定は、絶対にやらないようにしてください。

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 April 2018 UpdateのISOイメージを作成する方法

  2. USBメモリ データ 非表示

    Windows10 USBメモリの読み書きを高速化する方法

  3. Windows10 April 2018 Update スタートアップの管理を設定アプリで行う方法

  4. Windows10 ファンクションキーでアプリを一発起動する方法

  5. Windows10 April 2018 Update タイムラインをオフにする方法

  6. Windows10 アプリの優先度を上げて高速化する方法

  7. Windows10 システムフォント 変更

    Windows10のシステムフォントを変更できる無料ツール

  8. Windows10 大型アップデート後にWi-Fiが不安定になる場合の対処方法

  9. Windows10の個人情報収集を遮断する無料ツール DisableWinTracking

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP