WordPress バージョンアップ後にHTTP500エラーが表示される場合の対処方法

WordPress HTTP500

 

今回は、WordPressのバージョンアップ後にHTTP500エラーが表示される場合の対処方法をご紹介。

 

 

WordPressでサイトを作成、運営している場合

WordPressのバージョンアップや、プラグインのアップデートなどを頻繁に行うと思います。

 

もちろん、不具合等を解消するためのアップデートなので、やらないといけないわけですが

ごくまれに、このアップデートによって、サイトが表示されなくなり「HTTP500エラー」と表示されるケースがあります。

 

原因はいくつか考えられるんですが、一番多い原因は

WordPress本体やプラグインをアップデートしたものの、契約しているレンタルサーバー側のPHPのバージョンが

古いままになっていると、このエラーが表示されることがあります。

 

この場合の対処方法としては、レンタルサーバーのPHPのバージョンを最新のものにすることによって

エラーが解除され、サイトが表示されるようになります。

 

 

今回は、代表的な3つのレンタルサーバー「Xserver」「ロリポップ」「さくらインターネット」で

PHPのバージョンを更新する方法を、動画で解説しています。

 

自身のサイトがいきなり表示されなくなり「HTTP500エラー」の状態になっている方はもちろん

WordPressでサイトを運営している、といった人は誰にでも起こる可能性があるエラーなので、いざエラーが出ても

あたふたしないように、しっかりと覚えて置きましょう。

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Instagram アップロードした写真をダウンロードする方法

  2. Instagram インスタグラム ストーリー 質問

    インスタグラム ストーリーで質問を投稿する方法

  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール

    Internet Explorerに重大な脆弱性が存在

  4. グーグルドライブの容量を無料で増やす方法

  5. Intel CPU 型番 性能

    インテルCPUのの性能を型番から見分ける方法

  6. ドコモ docomo 新料金 

    ドコモ新料金プラン 新料金がいくら安くなるのかシミュレート

  7. YouTube 動画 検索 履歴

    YouTube 過去に視聴した動画を検索する方法

  8. PayPay ペイペイ チャージ

    PayPay ペイペイ チャージする方法

  9. Chrome 手動 アップデート

    Chrome69登場! 最新バージョンに手動でアップデートする方法

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  2. 転職 IT Web業界 エンジニア
  3. Windows10 コピー 貼り付け 履歴 クリップボード
  4. PayPay ペイペイ 登録方法
  5. Google Chrome サイト 保存

人気記事

  1. Word ワード 段組み
  2. filmora フィモーラ ロゴ 消す
  3. Word ワード ページ番号
  4. Word ワード スクリーンショット
  5. Google グーグル クロム タブ 固定
  6. Word ワード 線種とページ罫線と網かけの設定
  7. filmora フィモーラ ロゴ 消す
  8. Excel エクセル データ 入れ替え
  9. filmora フィモーラ ロゴ 消す
  10. Excel エクセル SUM関数 合計
PAGE TOP