WordPress バージョンアップ後にHTTP500エラーが表示される場合の対処方法

WordPress HTTP500

 

今回は、WordPressのバージョンアップ後にHTTP500エラーが表示される場合の対処方法をご紹介。

 

 

WordPressでサイトを作成、運営している場合

WordPressのバージョンアップや、プラグインのアップデートなどを頻繁に行うと思います。

 

もちろん、不具合等を解消するためのアップデートなので、やらないといけないわけですが

ごくまれに、このアップデートによって、サイトが表示されなくなり「HTTP500エラー」と表示されるケースがあります。

 

原因はいくつか考えられるんですが、一番多い原因は

WordPress本体やプラグインをアップデートしたものの、契約しているレンタルサーバー側のPHPのバージョンが

古いままになっていると、このエラーが表示されることがあります。

 

この場合の対処方法としては、レンタルサーバーのPHPのバージョンを最新のものにすることによって

エラーが解除され、サイトが表示されるようになります。

 

 

今回は、代表的な3つのレンタルサーバー「Xserver」「ロリポップ」「さくらインターネット」で

PHPのバージョンを更新する方法を、動画で解説しています。

 

自身のサイトがいきなり表示されなくなり「HTTP500エラー」の状態になっている方はもちろん

WordPressでサイトを運営している、といった人は誰にでも起こる可能性があるエラーなので、いざエラーが出ても

あたふたしないように、しっかりと覚えて置きましょう。

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. 複数あるTポイントをひとつにまとめる方法

  2. Chrome サイト スクリーンショット

    Chrome裏ワザ ツールを使わずにサイトのスクリーンショットを撮る方法

  3. ネット検索するだけで楽天スーパーポイントを貯める裏ワザ!

  4. Windows10 エクスプローラの表示の列幅を一発で調整する方法

  5. グーグルマップ 期間限定でお花見スポットを表示中!

  6. PayPay ペイペイ チャージ

    PayPay ペイペイ チャージする方法

  7. Facebook Watch フェイスブック 動画

    Facebook 新サービス Facebook Watchが日本でもサービススタート

  8. Excel新機能 本格的な翻訳機能が追加!(Office Insider登録者向け)

  9. Googleアカウント 2段階認証の設定方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP