Excel応用 #14 別々のセルのデータを一つにまとめて表示する方法 CONCAT関数

Excel エクセル CONCAT関数

 

今回は、EXCEL応用講座の第14回目です。

14回目の今回は、別々のセルのデータを一つにまとめて表示する方法方法をご紹介します。

Excelでは、関数を使うことによって

別々のセルに入っているデータを、一つにまとめることができます。

 

現在のExcelでは、「CONCAT関数」を使うことによってできますし

以前のバージョンでは「CONCATENATE関数」を使うことによってできます。

 

データ分析をしたい時などに使える関数ですので

しっかりと覚えるようにしましょう。

 

それでは、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel エクセル 表 データ 追加

    第43回 Excel応用 作成したグラフに別の表のデータを追加する方法

  2. Excel エクセル 数値 入力

    第4回 Excel応用 決まった数値しか入力できないようにする方法

  3. Excel エクセル 絶対参照 累計

    第17回 Excel応用 絶対参照で数値の累計を計算する方法

  4. Excel エクセル RANK関数

    第19回 Excel応用 数値の順位を出す方法 RANK関数

  5. Excel エクセル IF関数 AND関数

    第22回 Excel応用 IF関数とAND関数を組み合わせて使う方法

  6. エクセル Excel IFS関数

    第21回 Excel応用 IFS関数の使い方

  7. Excel エクセル クリップボード

    第40回 Excel応用 クリップボードの使い方

  8. Excel エクセル 郵便番号 ハイフン

    第29回 Excel応用 郵便番号のハイフンを自動で入力する方法

  9. Excel エクセル 円 表示

    第30回 Excel応用 金額に「円」を自動入力する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
PAGE TOP