第16回 Excel応用 IF関数でエラー表示を回避する方法

Excel IF関数 エラー表示

 

今回は、EXCEL応用講座の第16回目です。

16回目の今回は、IF関数でエラー表示を回避する方法をご紹介します。

Excelでセル参照を使った数式や関数を入力した場合

その参照しているセルに数値が入っていないときは、エラーが表示されてしまいます。

 

特にエラーは気にならない、といった場合はいいですが

やはりエラーが表示されていると、ちょっと見栄えが悪いです。

 

そこで今回は、IF関数を使ってエラー表示を回避する方法をご紹介。

 

表の見栄えを良くする必須テクニックですので

しっかりと覚えるようにしましょう。

 

それでは、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel 文字 削除 置換

    第6回 Excel応用 不要な文字をまとめて削除する方法

  2. Excel エクセル SUBTOTAL関数

    第23回 Excel応用 フィルタで抽出した数値を合計する方法 SUBTOTAL関数

  3. Excel エクセル SUM関数 入力 ショートカットキー

    第10回 Excel応用 ショートカットキーでSUM関数を入力する方法

  4. エクセル Excel ふりがな

    第7回 Excel応用 文字にふりがなをふる方法

  5. Excel エクセル 絶対参照 累計

    第17回 Excel応用 絶対参照で数値の累計を計算する方法

  6. エクセル Excel ROW関数 

    第11回 Excel応用 通し番号を入力する方法 ROW関数

  7. エクセル Excel IFS関数

    第21回 Excel応用 IFS関数の使い方

  8. Excel エクセル VLOOKUP関数

    第15回 Excel応用 VLOOKUP関数の使い方

  9. Excel エクセル IF関数

    第20回 Excel応用 IF関数の使い方

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. はがきデザインキット インストール版 年賀状 作成
  3. Windows10 October 2018 Update 提供中止
PAGE TOP