第16回 Excel応用 IF関数でエラー表示を回避する方法

Excel IF関数 エラー表示

 

今回は、EXCEL応用講座の第16回目です。

16回目の今回は、IF関数でエラー表示を回避する方法をご紹介します。

Excelでセル参照を使った数式や関数を入力した場合

その参照しているセルに数値が入っていないときは、エラーが表示されてしまいます。

 

特にエラーは気にならない、といった場合はいいですが

やはりエラーが表示されていると、ちょっと見栄えが悪いです。

 

そこで今回は、IF関数を使ってエラー表示を回避する方法をご紹介。

 

表の見栄えを良くする必須テクニックですので

しっかりと覚えるようにしましょう。

 

それでは、以下よりご覧ください↓

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel エクセル データ 横方向 並べ替え

    第52回 Excel応用 データを横方向に並べ替える方法

  2. Excel エクセル データ 色 並べ替え

    第55回 Excel応用 データを色で並べ替える方法

  3. Excel エクセル 複数シート まとめて印刷

    第57回 Excel応用 複数のシートをまとめて印刷する方法

  4. Excel エクセル 絶対参照 累計

    第17回 Excel応用 絶対参照で数値の累計を計算する方法

  5. Excel エクセル 保護

    第8回 Excel応用 特定のセル範囲を入力できないようにする方法

  6. Excel エクセル VLOOKUP関数

    第15回 Excel応用 VLOOKUP関数の使い方

  7. Excel エクセル 集計 小計 総計

    第53回 Excel応用 表の小計と合計を自動で計算する方法

  8. Excel エクセル 入力規則 リスト

    第1回 Excel応用 データをリストから選択して表示する方法

  9. サイト ホームページ キャプチャ

    Webページをカンタンにクリップできる無料ツール Google Keep

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. DVD 作成 DVDMemory
  3. Windows10 日本語入力方式 固定
PAGE TOP