第14回 Excel基礎講座 離れたセルの値の合計を求める方法

Excel 離れたセル 合計

 

今回は、EXCEL基礎講座の第14回目です。

14回目の今回は、離れたセルの値の合計を求める方法をご紹介します。

 

ここ2回のエントリーでは、「SUM関数」を使って、合計を求める方法を

解説してきましたが、過去2回でご紹介した方法は、数値の入っているセルが

隣接、つながっている場合の方法です。

 

数値の合計を出したい場合、つながっているセルではなく

離れた位置にあるセルの数値を合計したい時もあると思います。

 

そんな場合の、必須の手順ですので

今回の方法も、全2回の方法に加えて、しっかり覚えるようにしましょう!

それでは、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel SUM関数 合計

    第13回 Excel基礎講座 合計を一発で求める方法

  2. Excel 絶対参照 相対参照

    第15回 Excel基礎講座 絶対参照と相対参照

  3. エクセル Excel Count関数

    第18回 Excel基礎講座 数値の入ったセルの個数を求める方法 COUNT関数

  4. Excel INT関数 消費税

    第22回 Excel基礎講座 税込金額を計算する方法

  5. Excel 基礎 複合参照

    第16回 Excel基礎講座 複合参照を使って計算する方法

  6. Excel 数式 セル参照

    第11回 Excel基礎講座 セル参照で数式を入力する方法

  7. Excel 列幅 行の高さ 変更

    第33回 Excel基礎 列幅と行の高さを変更する方法

  8. エクセル Excel SUMIF関数

    第23回 Excel基礎講座 条件と一致する数値の合計を求める方法

  9. Excel グラフ 作り方

    第42回 Excel基礎 グラフを作成する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. Windows10 October 2018 Update 提供中止
  2. iPhone 着信音 AnyTrans
PAGE TOP