第14回 Excel基礎講座 離れたセルの値の合計を求める方法

Excel 離れたセル 合計

 

今回は、EXCEL基礎講座の第14回目です。

14回目の今回は、離れたセルの値の合計を求める方法をご紹介します。

 

ここ2回のエントリーでは、「SUM関数」を使って、合計を求める方法を

解説してきましたが、過去2回でご紹介した方法は、数値の入っているセルが

隣接、つながっている場合の方法です。

 

数値の合計を出したい場合、つながっているセルではなく

離れた位置にあるセルの数値を合計したい時もあると思います。

 

そんな場合の、必須の手順ですので

今回の方法も、全2回の方法に加えて、しっかり覚えるようにしましょう!

それでは、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Excel 基礎 複合参照

    第16回 Excel基礎講座 複合参照を使って計算する方法

  2. Excel 画像 写真 挿入

    第48回 Excel基礎 画像を挿入する方法

  3. Excel シート名 変更

    第36回 Excel基礎 シート名を変更する方法

  4. Excel グラフ 移動

    第43回 Excel基礎 グラフを移動する方法

  5. Excel SUM関数 合計

    第13回 Excel基礎講座 合計を一発で求める方法

  6. Excel 表 行 列 固定

    第34回 Excel基礎 表の見出しを固定する方法

  7. Excel ファイル 回復

    第56回 終 Excel基礎 保存せずに閉じてしまったブックを回復する方法

  8. Excel グラフ 作り方

    第42回 Excel基礎 グラフを作成する方法

  9. Excel COUNTIF関数 関数

    第20回 Excel基礎講座 条件と一致するデータの個数を求める方法

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  2. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  3. DVD 作成 DVDMemory
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
PAGE TOP