Windows10 April 2018 Update適用後に以前のバージョンに戻す方法

 

今回は、Windows10 April 2018 Update適用後に、以前のバージョンに戻す方法をご紹介。

 

2018年5月10日から

 

一般向けにも公開された、Windows10のApril 2018 Update。

 

 

最大30日前までの、過去の作業を記録し、検索できる「タイムライン」機能や

 

Windows10パソコンとブルートゥース経由で同期できる

 

「近くの共有」など、結構使えそうな、便利な機能が追加されています。

 

 

ただ、こういった大型のアップデートにありがちなのが

 

アップデートによるトラブル。

 

 

以前から使っているアプリが、起動しなくなったり

 

Windows10そのものの、動作に不具合が出てしまう

 

 

といったトラブルが、起こる可能性はゼロではないです。

 

 

そこで、Windows10ではアップデート後、10日以内であれば

 

以前のバージョンに戻すことができる機能があるんです。

 

 

Windows10をアップデートしてみたものの

 

何かしらのトラブルが起こってしまった、という方は

 

 

以前のバージョンに戻す手順を、動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 April 2018 UpdateのISOイメージを作成する方法

  2. ストアアプリ 勝手にインストール Windows10

    Windows10 ストアアプリが勝手にインストールされる場合の対処方法

  3. Windows10 April 2018 Update スタートアップの管理を設定アプリで行う方法

  4. Windows10 Microsoftアカウントの同期を停止する方法

  5. Windows10 ファイルの種類ごとに起動するアプリを設定する方法

  6. Windows10 固定キー ショートカットキー

    Windows10 固定キー機能をオンにする方法

  7. Windows10 ファイル 削除 確認ウィンドウ

    Windows10 ファイル削除の確認ウィンドウを表示させる方法

  8. Windows10 シャットダウン 防ぐ

    Windows10の突然のシャットダウンを防ぐ無料ツール ShutdownBlocker

  9. Windows10 切り取り&スケッチ

    Windows10 October 2018 Update 新機能 切り取り&スケッチの使い方

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  3. DVD 作成 DVDMemory
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. Google Chrome サイト 保存
  6. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP