Windows10 April 2018 Update適用後に以前のバージョンに戻す方法

 

今回は、Windows10 April 2018 Update適用後に、以前のバージョンに戻す方法をご紹介。

 

2018年5月10日から

 

一般向けにも公開された、Windows10のApril 2018 Update。

 

 

最大30日前までの、過去の作業を記録し、検索できる「タイムライン」機能や

 

Windows10パソコンとブルートゥース経由で同期できる

 

「近くの共有」など、結構使えそうな、便利な機能が追加されています。

 

 

ただ、こういった大型のアップデートにありがちなのが

 

アップデートによるトラブル。

 

 

以前から使っているアプリが、起動しなくなったり

 

Windows10そのものの、動作に不具合が出てしまう

 

 

といったトラブルが、起こる可能性はゼロではないです。

 

 

そこで、Windows10ではアップデート後、10日以内であれば

 

以前のバージョンに戻すことができる機能があるんです。

 

 

Windows10をアップデートしてみたものの

 

何かしらのトラブルが起こってしまった、という方は

 

 

以前のバージョンに戻す手順を、動画で解説していますので、以下よりご覧ください↓

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 ファイルの種類ごとに起動するアプリを設定する方法

  2. Windows10 システムアイコン 表示

    Windows10 システムアイコンの表示を切り替える方法

  3. Windows10 April 2018 Update スタートアップの管理を設定アプリで行う方法

  4. Windows10 ファイル表示を素早く切り替える方法

  5. Windows10 ファイル 削除 確認ウィンドウ

    Windows10 ファイル削除の確認ウィンドウを表示させる方法

  6. Chrome 新しいタブ サイト 表示

    Windows10 April 2018 Updateを強制的に適用する方法

  7. Windows10のスタートメニューをクラシック風にする無料ツール Classic Start

  8. Windows10の個人情報収集を遮断する無料ツール DisableWinTracking

  9. Windows10 April 2018 Update ストアからフォントを追加する方法

スポンサードリンク

人気記事

  1. Windows10 October 2018 Update 提供中止
  2. iPhone 着信音 AnyTrans
PAGE TOP