Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法

 

今回は、Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法をご紹介。

 

Windows10は、数年前の比較的低スペックなパソコンでもアップデートはできるので

少し古いパソコンで、Windows10を使っているという方は多いでしょう。

 

古いパソコンで、メモリが2~4GB程度のパソコンだと、Windows10は普通には動くものの

動作が非常にもっさりしてしまう可能性があります。

 

動きが悪い場合、メモリ不足が原因のケースがあるので、物理的にメモリを増設してもいいんですが

今回はメモリ増設の前に、SuperFetchという機能を無効にして、メモリ不足を解消する方法をご紹介します。

 

SuperFetchとは、メモリの一部を使ってアプリなどの起動を早くしたりする機能で

Windows Vistaから追加された機能です。

 

アプリの起動を早くするために、メモリの一部を使用するので

高スペックなパソコンなら、この機能を使えば動きが早くなるんですが

メモリがちょっと少ない、低スペックパソコンだと、メモリを使う分動きが悪くなる場合があります。

 

数年前の低スペックなパソコンで、Windows10を使っている

といった方は、SuperFetchを無効にすれば必ず早くなる、といったわけではないですが

メモリ増設の前に試してみる価値はあると思います。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 ネットワークとインターネット

    Windowsの設定を徹底解説 #04 ネット接続の各種設定を行う

  2. Windows10 スタートメニュー カスタマイズ Windowsの設定

    Windows10のスタートメニューをもっと使いやすくするカスタマイズ方法

  3. Windows10 ウィンドウズ10 ファイル名 変更

    Windows10 大量のファイル名を一括で変更する方法

  4. Stickynote 付箋 新機能

    Windows10 Sticky Notes (旧付箋) がバージョンアップ!

  5. Windows10のスタートメニューをクラシック風にする無料ツール Classic Start

  6. Windows10 ウィンドウズ10 エクスプローラ 表示レイアウト ショートカットキーっv

    Windows10 エクスプローラの表示レイアウトの変更はショートカットキーが便利

  7. Windows10 コマンドプロンプト バッテリーリポート バッテリー

    Windows10 ノートパソコンのバッテリーの寿命など現在の健康状態を確認する裏技

  8. Windows10 ウィンドウズ10 タスクバーの設定 ボタン

    Windows10 タスクバーのアイコンを結合しない方法

  9. Windows10 クラウドクリップボード

    Windows10 クラウドクリップボードで異なるデバイス間のコピペが可能に!

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Windows11に更新できるかをチェックするMicrosoft公式ツールのプレビュー版が公開
  2. iPhone Siriからの提案 消す 怖い
  3. Windows11 互換性 ツール 無償アップグレード 対応 スペック
  4. Windows10 シャットダウン ショートカットキー ウィンドウズ10
  5. Mac MagicMouse MagicKeyBoard 充電池残量
  6. エクセルート Excel 旅行 日程表 作成
  7. Windows10 ニュースと関心事項 天気予報 タスクバー 非表示
  8. Officeテンプレート Word Excel PowerPoint Microsoft
  9. Excel インクの再生 手書き アニメーション
  10. Amazonrenewed 整備済み品 アマゾン Mac iPhone iPad
PAGE TOP