Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法

 

今回は、Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法をご紹介。

 

Windows10は、数年前の比較的低スペックなパソコンでもアップデートはできるので

少し古いパソコンで、Windows10を使っているという方は多いでしょう。

 

古いパソコンで、メモリが2~4GB程度のパソコンだと、Windows10は普通には動くものの

動作が非常にもっさりしてしまう可能性があります。

 

動きが悪い場合、メモリ不足が原因のケースがあるので、物理的にメモリを増設してもいいんですが

今回はメモリ増設の前に、SuperFetchという機能を無効にして、メモリ不足を解消する方法をご紹介します。

 

SuperFetchとは、メモリの一部を使ってアプリなどの起動を早くしたりする機能で

Windows Vistaから追加された機能です。

 

アプリの起動を早くするために、メモリの一部を使用するので

高スペックなパソコンなら、この機能を使えば動きが早くなるんですが

メモリがちょっと少ない、低スペックパソコンだと、メモリを使う分動きが悪くなる場合があります。

 

数年前の低スペックなパソコンで、Windows10を使っている

といった方は、SuperFetchを無効にすれば必ず早くなる、といったわけではないですが

メモリ増設の前に試してみる価値はあると思います。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 ファイル 削除 確認ウィンドウ

    Windows10 ファイル削除の確認ウィンドウを表示させる方法

  2. Windows10 ウィンドウズ10 音量ミキサー 音量調整

    Windows10の音量ミキサーでソフトごとに音量を調整する スピーカーの表示がない場合の対処方法

  3. Windows10 ショートカットキー Altキー Shiftキー エクスプローラー

    Windows10で使えるショートカットキーまとめ 後編

  4. Windows10 アプリの優先度を上げて高速化する方法

  5. Windows10 October 2018 Update ダークモード

    Windows10 October 2018 Update ダークモードに変更する方法

  6. Windows10 シャットダウン ショートカットキー ウィンドウズ10

    Windows10の最強のシャットダウン方法はこれだ!素早くシャットダウンをする方法

  7. Windows10 文字 にじむ ソフト ディスプレイ

    Windows10 アプリケーションの文字がにじむ場合の対処方法

  8. Windows10 スタートメニュー カスタマイズ Windowsの設定

    Windows10のスタートメニューをもっと使いやすくするカスタマイズ方法

  9. Windows10 コルタナでタイマーを簡単起動する方法

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Wordで書式が設定されているテキストをより素早く書式なしのコピー&ペーストをするテクニック
  2. Windows11でPS5のコントローラー(DualSense)をワイヤレス接続してPCゲーム(Steam)で使う手順
  3. Windows11で不要になったファイルを自動的に削除する方法 ストレージセンサー
  4. Windows11新機能 デスクトップの背景にWindowsスポットライトが設定可能に
  5. Windows11でデスクトップ上から素早くシャットダウンするテクニック
  6. Windows11のタッチパッドのスクロールの方向を逆にする設定方法
  7. Windows11で一度付けたMicrosoftアカウントの名前を後から変更する手順
  8. 低スペックのパソコンでも高度な動画編集が快適・簡単にできるおすすめ動画編集ソフト Flex Clip
  9. 大量に開いてるウィンドウを一発で非表示にするテクニック
  10. Windows11でデスクトップ上から素早くパソコンを再起動するテクニック
PAGE TOP