Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法

 

今回は、Windows10 低スペックパソコンのメモリ不足を解消する方法をご紹介。

 

Windows10は、数年前の比較的低スペックなパソコンでもアップデートはできるので

少し古いパソコンで、Windows10を使っているという方は多いでしょう。

 

古いパソコンで、メモリが2~4GB程度のパソコンだと、Windows10は普通には動くものの

動作が非常にもっさりしてしまう可能性があります。

 

動きが悪い場合、メモリ不足が原因のケースがあるので、物理的にメモリを増設してもいいんですが

今回はメモリ増設の前に、SuperFetchという機能を無効にして、メモリ不足を解消する方法をご紹介します。

 

SuperFetchとは、メモリの一部を使ってアプリなどの起動を早くしたりする機能で

Windows Vistaから追加された機能です。

 

アプリの起動を早くするために、メモリの一部を使用するので

高スペックなパソコンなら、この機能を使えば動きが早くなるんですが

メモリがちょっと少ない、低スペックパソコンだと、メモリを使う分動きが悪くなる場合があります。

 

数年前の低スペックなパソコンで、Windows10を使っている

といった方は、SuperFetchを無効にすれば必ず早くなる、といったわけではないですが

メモリ増設の前に試してみる価値はあると思います。

 

 

今回も、動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

 

 

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 URL スタートメニュー 登録 お気に入り

    Windows10 スタートメニューにURLを登録する方法

  2. Windows10 文字 サイズ 大きくしたい

    Windows10 文字のサイズだけを大きくする方法

  3. Windows10 IMEの予測候補が表示される文字数を変更する方法

  4. Windows10 MicrosoftIME 単漢字辞書

    Windows10 変換候補に表示されない漢字を変換する方法

  5. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し

    Windows10 USBメモリ そのままで取り外しが可能に

  6. Windows10 ウィンドウズ10 スタートアップ ソフト

    Windows10 パソコン起動と同時に普段使うアプリを開く方法

  7. Windows10 Microsoftアカウントの同期を停止する方法

  8. Windows10 変換・無変換キーで入力モードを切り替える方法

  9. Windows10 ウィンドウズ10 Windowsの設定 検索

    Windowsの設定を徹底解説 #11 検索ボックスを使いやすくカスタマイズする

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  2. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  3. 転職 IT Web業界 エンジニア
  4. PayPay ペイペイ 登録方法
  5. Google Chrome サイト 保存

人気記事

  1. グーグルマップ 新型コロナ 感染状況 COVID-19
  2. 電子印鑑 電子はんこ デジタル印鑑 デジタルはんこ
  3. OneNote 足し算 引き算 掛け算 割り算
  4. OneNote ワンノート テンプレート ページ
  5. OneNote Word Excel ファイル 添付
  6. Windows10 ウィンドウズ10 エクスプローラ 表示レイアウト ショートカットキーっv
  7. Windows10 ウィンドウズ10 タスクバーの設定 ボタン
  8. OneNote ワンノート サブページ 階層
  9. Excel エクセル ショートカットキー データ入力
  10. OneNote ワンノート 音声 録音
PAGE TOP