Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法 ※Windows10 Proのみ

 

今回は、Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法をご紹介。

※今回ご紹介する機能は、Windows10 Proのみ搭載された機能です。Homeではできません。

 

2018年の4月から提供が開始されている、Windows10のApril 2018 Updateですが

そのままにしておけば、アップデートに対応していることが

確認できた機種は、どこかのタイミングでアップデートされます。

 

もちろん、アップデート自体は悪いことじゃあないんですが

この手の大型のアップデートで毎回起こるのが、アップデートしたことによる不具合。

 

自宅で、プライベートで使っているようなパソコンでは

トラブルといっても、それほどの問題にならないことのほうが多いですが

職場などで、業務用として使っているパソコンの場合

ソフトが使えなくなったりすると、業務に大きな支障がでることもあるでしょう。

 

そこで、Windows10 Proでは

この大型のアップデートを、最大で365日後まで遅らせることができます。

 

大型のアップデートというのは、どうしてもトラブルがつきものです。

OSの中身が大きく変わるわけなんで、これはしょうがない。

 

ただ、業務に支障がでると困る。

 

といいた場合は、この機能を使ってアップデートのトラブルやバグが

あらかた落ち着くまで、アップデートを遅らせておくと良いでしょう。

 

今回も、設定方法を動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

ということで、プライベートのパソコン場合は、そこまで気にしなくていいですが

業務で使っているパソコンで、Windows10 Homeが入っている、といった場合は

Windows10 Proにアップグレードすることを検討しても良いと思います。

 

Windows10 Proへのアップグレードは、Windowsのストアからカンタンにできて

このエントリーを書いている時点では、13,824円で、アップグレードできます。

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー

    Windows10 October 2018 Update 新機能 ショートカットキーで画面をキャプ…

  2. Windows10 April 2018 Update アバスト無料アンチウイルスを使っている方は要…

  3. Windows10 マップ

    Windows10 マップアプリ 一発で目的地までのルートを検索する方法

  4. Windows10 動画ファイル 中身確認

    Windows10 動画ファイルを開かずに中身を確認する方法

  5. Windows10 エクスプローラの表示の列幅を一発で調整する方法

  6. Windows10 April 2018 Update スタートアップの管理を設定アプリで行う方法

  7. Windows10のスタートメニューをクラシック風にする無料ツール Classic Start

  8. Windows10のゲームバーを使ってパソコンの画面を録画する方法

  9. Windows10 不要な変換候補を削除する方法

おすすめ記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. Windows10 USBメモリ 安全な取り外し
  3. Internet Explorer 脆弱性 削除 アンインストール
  4. アイフォン iPhone 令和 変換 登録
  5. PayPay ペイペイ チャージ

スポンサードリンク

人気記事

  1. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  2. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  3. DVD 作成 DVDMemory
  4. Windows10 日本語入力方式 固定
  5. Google Chrome サイト 保存
  6. PDF 編集 ソフト
PAGE TOP