Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法 ※Windows10 Proのみ

 

今回は、Windows10 April 2018 Updateを遅らせる方法をご紹介。

※今回ご紹介する機能は、Windows10 Proのみ搭載された機能です。Homeではできません。

 

2018年の4月から提供が開始されている、Windows10のApril 2018 Updateですが

そのままにしておけば、アップデートに対応していることが

確認できた機種は、どこかのタイミングでアップデートされます。

 

もちろん、アップデート自体は悪いことじゃあないんですが

この手の大型のアップデートで毎回起こるのが、アップデートしたことによる不具合。

 

自宅で、プライベートで使っているようなパソコンでは

トラブルといっても、それほどの問題にならないことのほうが多いですが

職場などで、業務用として使っているパソコンの場合

ソフトが使えなくなったりすると、業務に大きな支障がでることもあるでしょう。

 

そこで、Windows10 Proでは

この大型のアップデートを、最大で365日後まで遅らせることができます。

 

大型のアップデートというのは、どうしてもトラブルがつきものです。

OSの中身が大きく変わるわけなんで、これはしょうがない。

 

ただ、業務に支障がでると困る。

 

といいた場合は、この機能を使ってアップデートのトラブルやバグが

あらかた落ち着くまで、アップデートを遅らせておくと良いでしょう。

 

今回も、設定方法を動画で解説していますので、気になる方は以下よりどうぞ↓

 

ということで、プライベートのパソコン場合は、そこまで気にしなくていいですが

業務で使っているパソコンで、Windows10 Homeが入っている、といった場合は

Windows10 Proにアップグレードすることを検討しても良いと思います。

 

Windows10 Proへのアップグレードは、Windowsのストアからカンタンにできて

このエントリーを書いている時点では、13,824円で、アップグレードできます。

 

ではでは、今回はこのへんで。

関連記事

  1. Windows10 クラウドクリップボード

    Windows10 クラウドクリップボードで異なるデバイス間のコピペが可能に!

  2. 無料メモアプリ Microsoft Whiteboardが正式リリース

  3. Windows10 バッテリー ノートパソコン 電源

    Windows10 バッテリーを長く持たせる設定方法

  4. Windows10 令和 アップデート 対応 新元号

    Windows10 「令和」対応のプログラムを提供開始

  5. Windows10 アップデート 停止

    Windows10 October 2018 Update 自動アップデートを停止する方法

  6. Windows10 ファイルの種類ごとに起動するアプリを設定する方法

  7. Windows10 USB 接続 つながらない 設定

    Windows10 USB機器の接続が不安定な場合の対処方法

  8. Windows10 May 2019 Updateを手動でアップデートする方法

  9. Windows アップデート Update

    本日は4月の「Windows Update」の日です

おすすめ記事

  1. 転職 IT Web業界 エンジニア
  2. Windows10 コピー 貼り付け 履歴 クリップボード
  3. PayPay ペイペイ 登録方法
  4. Google Chrome サイト 保存
  5. Windows10 Wi-Fi パスワード 表示 調べる

スポンサードリンク

人気記事

  1. DVD 作成 DVDMemory
  2. Google Chrome サイト 保存
  3. Windows10 日本語入力方式 固定
  4. Excel エクセル 令和 対応 条件付き書式
  5. 年賀状 作成 はがきデザインキット
  6. Windows10 画面キャプチャ ショートカットキー
  7. PayPay ペイペイ 登録方法
PAGE TOP