面接の心得7・時には柔軟性も大事です

転職 IT Web業界 エンジニア 面接

今回も引き続き面接時の心得について
解説していきます。

面接とは

面接官とコミュニケーションを取りながら
その中で自分自身をアピールするための場です。

私がかつて、
新卒の時や、転職時の面接の時に
意識していたのが

面接の中で、ちょっとだけ
くだけた話しをして
ひと笑いぐらいはとろう

ということ。

まあ、この事例は
あまり参考にしなくて良いですが^^;

面接時の受け答えは
かたい回答だけではなく

時には、柔軟性も大事になってきます。

■IT・Web業界への転職なら

時に、面接では自分の予想外の質問が
くることもあるでしょう。

前回のエントリーで解説したように
事前の準備は、とても大事ですが

予想外の質問がきた時に
その場その場で機転をきかして
答えることも大事です。

こういった場合
面接マニュアルにあるような
受け答えというのは、逆効果。

最初に、面接とは
面接官とのコミュニケーションと
書きましたが

マニュアル的な回答は
場合によっては、独りよがりの
「朗読」になってしまうことがあります。

自分が想定していなかった質問がくれば
答えにつまってしまうのは当然です。

実は、こういった質問をする場合
面接官もある程度、回答につまることは
想定して質問しています。

なので、ここでは
変に取りつくろうとした
マニュアル的な答えは、当然見透かされます。

■社会人のためのITエンジニアスクール

事前に面接マニュアルを読んで
模範解答を知っておくこと自体は
悪いことではないですが

マニュアルというのは、あくまで
面接時の質問の傾向を知るために
使うものです。

自分の想定外の質問が来た時は
あせって答えを言うのではなく

自分なりの解釈をして
前回のエントリーでも解説したように

自分の軸となっていることから
「矛盾」が生じないようにしつつ
柔軟に答えていくようにしましょう。

次回からは、面接時に想定される
質問に対するより具体的な回答を
解説していきたいと思います。

ではでは、今回はこのへんで。

<スポンサードリンク>

<使用素材>
acworksさんによる写真ACからの写真

関連記事

  1. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接

    面接の心得3・論理的な話し方が面接の合否を決める

  2. まずは自分を知ることが大事です

  3. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問15・志望動機について5

  4. 転職 IT Web業界 エンジニア 履歴書 書き方

    IT・Web業界 転職 正しい履歴書の書き方1・基本情報の書き方

  5. 転職 IT Web業界 エンジニア 決断

    転職をする前に、今の職場でやるべきこと その2

  6. 転職 IT Web業界 エンジニア 履歴書 写真

    正しい履歴書の書き方2・写真と日付について

  7. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問12・志望動機について2

  8. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問5・仕事のやりがいについて聞かれた場合の対処ポイント

  9. 転職 IT Web業界 エンジニア 職務経歴書 書き方

    正しい職務経歴書の書き方4・ブランク期間が長い場合

広告





おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Wordで英字の上にアクセント符号を付ける2つの方法
  2. Windows11 強化されたフィッシング詐欺に対する保護機能を一度チェックしましょう
  3. WordにExcelで作成した表をキレイに貼り付ける2つの方法
  4. 文章入力の変換効率を上げる! 予測変換から不要な変換候補を削除する手順
  5. Excelの住所録などで郵便番号の入力を省くテクニックを紹介
  6. Excelで重複するデータの入力を確実に防ぐ方法 データの入力規則 COUNTIF関数
  7. Excelで複数のチェックボックスを素早く挿入するテクニックを紹介
  8. Todoリストやアンケート等に便利!Excelでチェックボックスを挿入する手順を解説
  9. Windows11でタスクバーの邪魔なアイコンをまとめて非表示にする方法
  10. 特定の値を条件に複数の結果に振り分けられる「SWITCH関数」が便利!
PAGE TOP