円満に退職するためのポイント その3

転職 IT Web業界 エンジニア 円満退社

今回も引き続き円満退社するためのポイントを
解説していきます。

■IT・Web業界への転職なら

上司に退職の意思を伝えて
人事部などとの手続きに入った際

まず、有給休暇の消化をどうするのか?

という話しが出てきますが
ほとんどの会社で有休の消化は
ちゃんとできると思います。

ただ、一部の会社では退職の際
この有休の消化をどうするかで
もめるケースがあるようなので

円満退社のために
できるだけ早く新しい人生を
歩んでいくためにも

ここで、もめそうな場合は
あまり有休消化にこだわるのはやめましょう。

あと、ボーナスの支給時期が
近かったりすると

ボーナスをもらってから
上司に退社の意思を伝えよう

と考えてしまいがちですが
これも円満退社のためにも
あまりこだわらないほうが良いでしょう。

また、退職の話しを上司にする場合

当然、退職理由を聞かれると思いますが
この時に、会社への不平・不満

今までたまっていたものを
話すのもNG。

もう辞めると決めた会社です。

「立つ鳥跡を濁さず」

と昔から言われていますが

こういった行為は
今までの自分の人生をも
否定することになります。

退職理由を伝える時は、例えばですが

「自分のやりたい事とやれる事の乖離が出てきてしまって、新しい環境でチャレンジしてみたくなったのが転職理由です」

などど、前向きな転職である事を
伝えると良いでしょう。

最後に
転職の意思をを上司に伝えた時

上司や会社側から
強い引き止めがあった場合。

時には、月給のアップや
希望の部署への転属などなど

様々な改善の提示があるかもしれません。

自分の今までの不満が
解消されるような提示だったりすると
ちょっと心が揺れるでしょう。

とはいえ、その改善案は
転職という話しをしたことによって
急遽出てきたものです。

その改善案を受け入れて
会社に残ったとして
また、きっと違う問題が出てきます。

転職を決めたのであれば
どんな改善案を提示されたとしても
受け入れはしないようにしましょう。

■社会人のためのITエンジニアスクール

3回にわたって
円満に退社するためのポイントを
解説してきましたが

退職の交渉や手続きをする時に
大事なのは

上司や会社側に遠慮することなく
あくまでドライに淡々と進めていきつつ

とはいえ、引き継ぎをする後任者や
自分がいた部署に迷惑がかからないよう

自分がやってきた業務の
マニュアルなども作成し
引き継ぎをしっかり行っていきましょう。

さてさて
ここまで60回以上にわたって
転職に関するエントリーを書いてきましたが

IT・Web業界というカテゴリーの割には
転職を考えている全ての人に
参考になる内容をお届けしてきました。

そこで次回は
IT・Web業界への転職に
内容をしぼった話しをしていきたいと
思います。

ではでは、今回はこのへんで。

<スポンサードリンク>

<使用素材>
RRiceさんによる写真ACからの写真

関連記事

  1. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 5W1H

    面接の心得5・自己アピールは5W1Hを意識する

  2. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接

    面接の心得7・時には柔軟性も大事です

  3. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問17・挑戦したいことは?

  4. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問21・「入社の意思」について聞かれた場合の対処ポイント

  5. 転職 IT Web業界 エンジニア 職務経歴書 書き方

    正しい職務経歴書の書き方2・最適なフォーマットは?

  6. 転職 IT Web業界 エンジニア 利点

    実は転職者は有利なんです!

  7. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 服装

    面接の身だしなみ2・女性はスカートかパンツか?

  8. 転職 IT Web業界 エンジニア 内定

    複数の内定をもらってしまったら その2

  9. 転職 IT Web業界 エンジニア

    IT・Web業界への転職を成功させるポイント

広告



おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Gmailでメール送信後の送信取り消し可能時間を長くする設定方法
  2. PowerPointのスライドショーでマウスポインターを操る2つのショートカットキー
  3. Excelでセル内の自由な位置にデータを入力する方法
  4. Wordの文章を勝手に編集されないように制限をかける方法
  5. Excelでコピー&ペーストした時に表示される貼り付けオプションボタンを表示しないようにする方法
  6. 文字を入力した時の予測入力が表示される文字数を1文字から変更する方法
  7. ExcelでA4サイズに合わせて作成した表をB5サイズに収まるように印刷する手順
  8. Windows11のエクスプローラーの操作で覚えておくと便利なショートカットキー5選
  9. Windows11でマウスポインターを見失う場合はCtrlキーを押すとポインターの位置を表示する設定を有効にしよう
  10. iPhone iOS17で「AirDrop」の機能をオフにする設定方法
PAGE TOP