転職する前の引き継ぎについて

転職 IT Web業界 エンジニア 引き継ぎ

今回は、実際に転職が決まって
その後、退職するまでの「引き継ぎ」について
話しをしてみたいと思います。

転職が決まった際
この「引き継ぎ」は非常に大事です。

■IT・Web業界への転職なら

「どうせ辞める会社なんだから、そんなに気を使わなくてもいいな」

「辞める会社のことなんか、もう知ったこっちゃない」

転職するからには
会社に何かしらの不満があって
転職をするケースが多いと思うので

こういった気持ちになることは
よく分かるのですが

お世話になった会社や同僚に対して
しっかりと引き継ぎを行うことは

今後のあなたにとってもマイナスに
はたらくことは決してないので

今までの不満はすべて忘れて
最後の出社日まで、できる限りの
「引き継ぎ」を行うようにしましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」

というやつですね。

さて、引き継ぎの重要性というのは
何もこういった道義的な理由だけではなく
もちろん自分にとってもメリットがあります。

それは、引き継ぎをすることによって
自分がやってきた業務に関する知識を
あらためて掘り起こし、見つめなおすことが出来る点です。

自分が前職で得られた知識やスキルは
きっと、新しい勤務先でも
活かせるものがあるはずです。

特に業務に不満があって転職をする場合
どうしても、前職の嫌な記憶を忘れたいので

せっかく得られたスキルを
自分の記憶の中に埋もれさせてしまいがち。

それが、しっかりと引き継ぎをすることによって
あらためて掘り起こすことができるので
あなたにとって大きなメリットとなります。

■社会人のためのITエンジニアスクール

また、引き継ぎをする前に
引き継ぎ事項一覧といった感じで
引き継ぎポイントをまとめたものを作成すれば

当然、後から伝え忘れた
なんてことも無くなりますし
自分自身の記憶の掘り起こしになるので
非常におすすめです。

いずれにしても
いかなる理由の転職だったとしても
退職・転職が決まったのであれば

今までのことは全て忘れて
しっかりと引き継ぎを行うようにしましょう。

ではでは、今回はこのへんで。

<スポンサードリンク>

<使用素材>
FineGraphicsさんによる写真ACからの写真

関連記事

  1. 転職 IT Web業界 エンジニア 円満退社

    円満に退職するためのポイント その2

  2. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問21・「入社の意思」について聞かれた場合の対処ポイント

  3. 転職 IT Web業界 エンジニア

    IT・Web業界への転職を成功させるポイント その2

  4. 転職 IT Web業界 エンジニア 職務経歴書 書き方

    正しい職務経歴書の書き方4・ブランク期間が長い場合

  5. 資格を持っていると本当に転職に有利なのか?

  6. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問13・志望動機について3

  7. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問9・失敗について聞かれた場合のポイント

  8. 転職 IT Web業界 エンジニア 面接 質問

    面接でよくある質問16・あなたのスキルをどう活かせるか?

  9. IT・Web業界への転職に資格は必要なのか?

スポンサードリンク

おすすめ記事

  1. RakutenWiFiPocket 楽天ワイファイポケット 楽天モバイル アップデート
  2. フィッシング詐欺 スミッシング SMS ドコモ口座不正出金
  3. マスク 品薄 マスク在庫速報 価格
  4. 転職 IT Web業界 エンジニア
  5. PayPay ペイペイ 登録方法

人気記事

  1. Wordで保存前に編集していた箇所に素早く戻る方法 大量ページの文章編集時に便利!
  2. 話題のSNS「Threads(スレッズ)」の参加チケットをInstagramから取得する手順を紹介
  3. Windows11でTempフォルダー内の不要な一時ファイルを一括で削除する手順
  4. Excelの表の装飾を自動で素早く行う時短テクニック
  5. Wordで今日の日付を自分で全部入力しなくても一瞬で入力できるちょっとした入力の小技
  6. Windows11でYouTubeのショートカットアイコンをデスクトップ上に作成する手順
  7. 覚えておくと便利なWordの小技 文章パスワードを設定して勝手に編集できないようにする
  8. Google Chromeのブックマークバーの操作をする時覚えておくと便利なショートカットキー2選
  9. Word・Excel・PowerPoint リボンにない頻繁に使うコマンドを自分で追加する方法
  10. Windows11 タスクバーからより素早く同じアプリの新規ウィンドウを開くちょっとしたテクニック
PAGE TOP